So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ
前の5件 | -

第46回総選挙の結果を見て [ニュース]

最初に書いておかなければなりませんが、僕は今回の選挙、投票しませんでした。4月にアメリカに来たので、在外選挙の手続きをしたわけですが、そのために今住んでいるフィラデルフィアを管轄する在ニューヨーク日本総領事館まで出向く機会(こちらに来てから3ヶ月以降)がなかなか作れず、結局10月に開催された、フィラデルフィアでの一日領事館でようやく手続きできました。その結果、在外選挙証がニューヨーク総領事館に届いたのが選挙の公示日の2日前?(12月3日)になってしまい、その時点で、12月5日から9日までの間にニューヨークの領事館に直接出向いて投票するか、郵便投票をするか、というどちらの選択肢も難しくなってしまったのです。

郵便投票は、日本の旧住所の選挙管理委員会に連絡して投票用紙を請求し、選挙当日までに着くように返送しなければならず、それも、総領事館から自分のところへ在外選挙証が送られてくるのを待った後では到底間に合わないだろうと思いました。せめて、衆議院解散の時点で在外選挙証が来ていれば、それもできたと思うのですが…。

領事館に直接出向くやり方も、たまたま僕が、12月7日~8日にワシントンDCへの出張があり、その前はあまりにも急すぎるし子供たちにプレスクールを休ませなければいけないから難しい、最終日の9日も、翌10日の朝に子供たちの予防接種の予約が入っていて、日帰りという無理をする踏ん切りが付かない、ということで見送ってしまいました。

結果を見て(というより、途中の選挙情勢を報道で見た時点で)、僕はこの判断を悔やんだのですが、もはや取り返しの付かないことです。投票しなかった以上、選挙結果をあれこれ言う資格もないのかも知れません。でもやっぱり書きます。

僕は3年3ヶ月前の総選挙で、民主党が勝利したこと(と言うよりも、自民党が下野したこと)を喜んだ口です。そんな僕でも、民主党が負けたこと自体は、無理もないよな、とは思います。しかし、この選挙結果を見て、平和憲法を失ってもいいのか、原子力発電をこのまま続けて、将来もっと大変な事故が起きて国土の一部がまた壊滅してもいいのかという危機感を抱いたというのが偽らざるところです。

日本の多くの人にとって、もっと切実なのは、景気というか経済のことでしょう。この点では、僕は恐らく平均以上に恵まれているのだろうという自覚はあるので、その辺の“痛み”は共有できていないのかも知れません。でも、平和や安全がないところで、経済的に恵まれても、それに意味はあるのか?そんなことを思います。これらがあまりにも空気のような存在になっているために、その有り難みに気がついていないのではないか?

そういう危機感を持っている人にとっての、本当に有効な選択肢が見受けられなかった、というのも、投票率が戦後最低だったということも含めたこの結果に大きく寄与しているでしょう。海外からインターネットで新聞サイトを断片的に見ているだけでも、政治家の右往左往ぶりは目に余りましたから、日本にいる人にとってはさぞやという思いがします。

恐らく、自民党をはじめとする勢力は、来年7月の参議院選挙での勝利を目指して、それまでは穏健にやっていくという戦術を採るのではないかと思います。経済状況を見て、既に決まっている来年春の消費税率アップの1段階目を見直す、という発言も見ましたが、これもそのための戦術という面が大きいのではないかと思います。彼らの“本当の目的”が何なのかを、しっかり見極めなければなりません。

そして僕は、今回の反省を元に、来年の参議院選挙は必ず投票しなければ、という思いを強くしました。同じように考える人が多くいることを願います。


ニュース:中国紙、市民の冷静さを称賛 [ニュース]

元の記事のタイトルだと、中国新聞が「日本人には道徳の血」と書いているかのように見えますが、実際には、記事を読んだ中国の人がそう言った、というものです。

いずれにせよ、こういう記事を読むと、自分も日本人でよかったな、と思えてきます。

 


ニュース:京大ほかで、ネットによるカンニング疑惑 [ニュース]

憶測に過ぎませんが、やったのは浪人生、それも2浪以上の受験生だろうと思います。現役や1浪ではここまでして受からなければならないと思うほど切羽詰まっていないと思うから。

やった人間が単独かグループ化さえもまだ分からないけど、同じIDを繰り返し使っているという点に詰めの甘さがありますね。いずれ犯人は特定されるでしょう。特定されれれば、京大はもちろん、ニュースになった同志社・早稲田・立教以外の大学に合格していても取り消しになるでしょうね。

状況から見て、教室内で机の下にでも隠しながら携帯電話を操作したんでしょう。試験監督は、究極的には1対1で見張らない限りは完璧に監視することなど不可能だし、経験者として正直に言えば、集中力の途切れる時間帯は結構あって、受験生の良心に任せている部分が大きいと思います。見えないように操作することぐらい、今どきの若者にとってはそう難しくないでしょう。右手で答案に書いているふりをしながら左手で操作するぐらいのことは。

しかし、迷惑な話ですよ。この事件のおかげで、まず間違いなく、来年以降の入試監督業務の内容が煩雑になります。いっそのこと、飛行場のように金属探知機を通らせて荷物は全部預かり、筆記用具その他は全て支給ということにすれば防げるとは思いますが、現実的ではありませんね…。


ニュース:日本海側の大雪 [ニュース]

相方が、石川県の山麓の実家から「雪がすごい」と言っていたけれど、こういうニュースが続きますね。「全国的には平年並み」じゃなくて、「ほかの地域では平年並み」の書き間違いじゃないんですか、これは?


ニュース:大量破壊兵器が発見されなかった時の心境を「私以上に衝撃を受け、怒った者はいない」と述懐 [ニュース]

面目をつぶされた、と言いたいんでしょうかね。世界の平和よりも自分の面目の方が大事だ、と。

そもそも、仮に大量破壊兵器を保有していたとしても、それが開戦の理由になどならないと、当時多くの人は思っていたと思います。むしろ、サダム・フセイン憎しが先にあってフセイン政権転覆のための口実を探しているだけなんだろう、そもそもでっち上げなんじゃないか、とも僕は思っていました。当時は鬱がひどくて、他の誰ともこんな話はできなかったですけどね…。

それにしても、こんなことを書いた回顧録でもよく売れてしまう。何故こんなのが大統領になったのだろう。開票で揉めた時に、ゴアがもっと粘って、フロリダでも実は自分が勝っていたことを明らかにして当選に持ち込んで欲しかった、と今でも思います。

いや、でもブッシュが大統領になったことが、オバマが大統領になるという歴史的快挙を生み出したとも言えますね。というか、それが彼の唯一の功績なのかも。

一方、彼の残した負の遺産があまりにも大きすぎて、到底2年で片付くようなものではなかったために中間選挙で民主党は敗北、下手をするとオバマはカーターのように1期で終わりかねないです。万一それを最初から狙って無茶をしたんだったら、大した策士ですが、そんなことはないでしょうね。最悪です。


前の5件 | - ニュース ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。