So-net無料ブログ作成

日本語力の話は別問題だ。 [語学]

相方の帰省に付き合って石川県に来ているので、読む新聞は北國新聞。今朝の社説(12月29日付)を読んで、こういう論調って多いよな、全国紙は知らないけど、地方紙なんてこんなものなのかな、と少々げんなりした。題して「英語を英語で教える 落ちこぼれが多く出そう」。今日中ならここで読めるけど、permalinkはない。ここなら記事一覧が見られるけど、そこから先は携帯電話用の有料サービスだって。ケチだなあ。自らの言論を広める方が大事だと思うよ。僕の故郷の新潟日報なら無料で過去社説も読めるのに…。(因みに、新学習指導要領についての社説は12月23日。全体についての話なので、英語についてはこうなったと触れているだけですが。)

北國新聞の社説、前半の、生徒にも教師にも落ちこぼれが多く出そうだ、というのは誰もが思うであろうことで、ここには特に異論はない。問題は後半だ。「…日本語の授業の中身を濃くしないと、英語の圧力に負けて、日本語の優れた機能や陰影が維持できなくなるという問題もある」という“寝言”に始まって、バイリンガルの作家水村美苗の近著『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で』(筑摩書房)を引き合いに出している。論点が、途中で英語教育から日本語力の問題にすり替わっている。

日本語力の話は別問題でしょう。これではまるで、日本が母語教育を英語教育に依存して行ってきたかのようだ。実際そうだったという考え方も結構流布しているけれども、筋違いも甚だしい。全員が英語教育を受けるようになったのは太平洋戦争後だけれども、それ以前に教育を受けた日本人の日本語力が低いなんて論調は見たことがないし、実際そんなことはないはず。

最近の若者の日本語運用力の低下が問題になっていて、それがこの社説の後半の念頭にあるのかも知れないが、日本語力の低下が本当に存在するのかどうかは怪しいものだし、仮にそうだったとしても、教育分野の中で責めを受けるべきは国語教育であるはず。更に言えば、教育に原因があるのかというのも疑問だ。要は、社会の中でのコミュニケーションの需要に応じた運用能力になっているだけなんじゃないだろうか。



話は別になるけれど、今月中旬のポーランド出張中、僕が研究発表をした後の coffee break で、聞いていたポーランド人の一人から、日本での英語教育の状況について質問された。僕は、12歳から学校で学ぶ、ちょっと前までは選択科目で「事実上の必修」だったが、必修化された、というような返事をした。

12歳、それは遅いですねえという反応が返ってきた。ポーランドでは6歳だったか7歳だったかから第一外国語を学び、その後第二外国語もやるのだそうだ。順序や言語は選べて、ドイツ語・英語ないし英語・ドイツ語の順でやる人が多いとか。かつてはもちろんロシア語を最初にやるパターンが多くて、その人(多分僕と同年代)もそうだったとのこと。

日本で英語を始める年齢を早めることになったが、母語の能力に悪影響があるのではなどの理由による反対論があると言ったら、この技術の時代にそんなこと言っている人がいるの?みたいな反応が返ってきて、うーん、そうですね…としか答えられなかった。現に小学校の最初から外国語をやっている国の人には、あまり早くから外国語をやると母語に悪影響があるという議論は確かに理解しがたいだろうな…と思う。

と言うか、僕自身も、小学校で英語を始めることで母語に悪影響があるという懸念の根拠が実はよく分かっていない。言語構造の距離の違いの問題なのか?という感じが少しだけしているのではあるけれど…。ポーランド語-英語と日本語-英語では明らかに違うだろうから。

なお、僕は小学校で英語をやることにどちらかというと懐疑的です。但し、懸念の内容は、教師がいないということと、最終的な効果の見通しが分からないということ。あと、英語の利便性はあるとしても、数ある外国語の中で英語に限定するのは問題だという考えもある。ポーランドのように2つやって、そのうち1つが英語というぐらいが妥当じゃないかという感じ。

僕自身はラボ・パーティというところで、小学校3年から週1回英語で遊んだ後で中学に入って英語の勉強が始まったので、小学校で英語に触れさせちゃいけないとまでは思わないけれど、僕が英語で飯を食う身になれたのは、それを小学校からやっていたことではなく、このラボを通して中2の夏休みにアメリカにホームステイに行くことが中学に入るときに既に決まっていたことにより、「英語ができなきゃ大変なことになる」という危機感を持って英語の勉強を始められたこと、実際のホームステイでそれまで習った程度の英語は使うことができて手応えを感じたこと、そのことでアメリカに心酔して、その後もモチベーションを高く保てたこと、などにあるのじゃないかなー、と感じています。

…北國新聞を枕にして、結局言いたい放題書いてしまったのかな。


英語教育の迷走は続く [語学]

「高校英語、英語で教えるべし」との学習指導要領改定案のニュース(朝日新聞 Google News)。2013年からとか。5年後ですか? いや、準備期間がたくさんあったとしても、現実的なんでしょうか?

このニュースを見てすぐに思い出したのが、英語教育に関して最近読んだ本でとても良いと思った、金谷憲『英語教育熱:過熱心理を常識で冷ます』(研究社)です。

言わずと知れた東京学芸大の先生ですが、この本を読んでいて、日本でこの人ほど、英語教育の現場や政策決定の過程を見ており、なおかつ英語使用の実態に関する見聞が広い人は他にいないのではないかと思いました。とにかく、色々な現場についての話が、ざっくばらんに語られています。

普通の日本人は、英語教育に関しては学習者として関わった経験しかありません。使った経験がある人はほんの一部。英語教育に対して色々言いたいことを言っている財界人だって同じです。

英語教員は、学習者としての経験、使用者としての限られた経験、教えている現場の経験がありますが、僕のように自分が教えている教室の中しか知らない人も多いでしょう。熱心な先生なら、授業研究で他の先生の模擬授業を見ることがあるという人もいるでしょうが、それでも、個人の見聞の範囲というのは限られています。

そういう、限られた経験や見識で色々な人が言いたい放題言っているのが、日本の教育全般だという気がしますが、英語はそれが特にひどいように思います。そんな中なので、金谷氏の、幅広い現場を見たことに基づく“常識”は頼りになる、そんな感じがします。

彼は、学習指導要領の作成に協力者として関わり、「自分の力不足と、責任を感じている」と書いています。先に引用したニュースで取り上げられた、次回の指導要領なのかどうかは分かりませんが…。それにしても印象的なのは、別の部分で太平洋戦争での戦艦大和の出撃に関する山本七平氏の著作から

…それを無謀とするに断ずる細かいデータ、すなわち明確な根拠がある。だが一方、当然とする側の主張はそういったデータ乃至根拠は全くなく、その正当性の根拠は専ら「空気」なのである。従ってここでも、あらゆる議論は最後には「空気」で決められる。

という文章を引いていることです。正に、実感なのでしょう。大方、「英語で英語を教える」という方針も、そういう空気から出てきたに違いありません。あらゆる種類の現場を知っていれば、こんな非現実的な方針が出てくるはずがない。あるいは、ついてこられないような現場は切り捨ててしまおうという考えなのかも知れませんが。

因みに、金谷氏も、ざっくばらんに改革案を出しているのですが、中学の週4時間×3年=12時間というのを、入門期に集中投下して、1年生で週6時間、2年と3年で週3時間という風にするというものです。確かに、入門期こそ学習者に勢いもあるし、資源を集中投下すればつまずく生徒も大幅に減るような気はしますね。総時間数は変わらないので、他教科との陣取り合戦にもならないという意味でも、良いような気がします。

思い出すのが、アメリカ留学時代に見た語学のカリキュラム。初級は50分授業が月曜から金曜まで毎日あって5単位。I・IIと2セメスター続けます。しかもクラス街でLLを使って練習することも求められる。2年目の中級は、50分授業が週3回で3単位。これもI・IIの2セメスターあります。僕はスペイン語中級のIを取ったんですが、20人未満の少人数だし、中級程度には週3回は良い感じでした。初級が毎日というのは理想的だと思いましたが、日本の大学でこれを実現するのはほとんど無理じゃないかという感じも同時にして、暗澹たる気分にもなりました。

いや、専攻するならこれくらいの授業数は確保されてますけど、アメリカのこれは、専攻するしないに関わらないものですからね。アメリカの外国語教育はなってないなんて固定観念がある人が結構いるような気がしますが、制度は日本よりしっかりしていると思います。

金谷氏の提言に戻ると、中学なら、その気になれば実現できそうな案だというところが良いです。今回の記事のように、中学を今のままにしておいて、高校だけ変えようとしたって無茶というものでしょう。教師の側の力量もさることながら、そういうことができるように教育した上でやるというのがないのは机上の空論としか言いようがないですね。小学校英語だって、教師もいないのに始めようとしているし…。やれやれ。


スペイン語の復習 [語学]

5年前にバルセロナに行った時は、スペイン語の復習をする暇がなくて、現地でもほとんど使えなかったので(一人でバルに行った時はなかなか大変でした)、今度の新婚旅行では使いたいと思って、復習を始めています。

ひとまず、Easy Spanish Reader (McGraw-Hill) を読むことから始めています。初級向けのせいか、予想以上にすらすら読めます。もっとも、読解の場合、人称・数や時制・法をあまり意識しなくても何とか理解できてしまうので、単語を思い出せるという以上の効果はあまりないのかな、という感じもしますね。少々分からない単語があっても、英語で培った、前後関係から意味が予測できるという力は、言語を超えて応用できるような感じで、何となく、「この単語を覚えなければ」という切迫感に欠けます。長期間続けて読む量が十分に多くなれば、それでも憶えていけるのかも知れませんが、あと一月足らずではそういうことは期待できませんね。

その対策のためというわけでもありませんが、菊田和佳子『【晴山式】スペイン語基本単語速習術』(語研)も併せて買いました。バラバラな例文が並んでいるのはちょっと辛いかも知れませんが、頑張ってやってみようと思っています。

もっとも、向こうでの最初の滞在地 Isla mujeres で泊まる宿は、アメリカ人の経営のようなんですけどね。客もほとんどアメリカ人じゃないかという気がします。

…というか、これより前に、早く採点を終わらせなければダメですね、本当に。


帰国の飛行機で読んだ本 [語学]

NY~成田の13時間の飛行時間はさすがに長かった…。しっかり眠るつもりなら、西海岸のシアトルあたりからの8時間なんて中途半端な長さよりは楽なはずなんだけれど(ビジネスクラスだったし)、睡眠薬で3時間熟睡したらあとは眠気もなく、ひたすら読書で時間を潰しました。

いや、時間を潰したというと語弊があるな、良い本なんですよ。英語は世界中で使われるようになって、文化的に中立であるかのように見られているがそんなことはない。英米の歴史や思想に根ざした文化的バイアスがかかっていて、それが言葉の使い方に反映しているのに、それを記述しようとする人がいないからやることにした、という本だったので。

よく、日本の文化と日本語の特徴を結びつけて論じている本があるでしょう?それが英語に関しては「文化的に中立」という思い込みがあるために、そういう本がなかったらしい。哲学的な内容で、理解が上滑りなところもあったけど、飛行機の中で300ページのうち100ページぐらい読みました。

ここまで読んだら読了しないと勿体ないな…。でも家に帰ってしまったら、仕事があるんだよなあ。

TOEICは「受験英語」だ! [語学]

Cambridge U. P. あたりから出ているEFL教材がありますが、それにはイギリス英語版とアメリカ英語版があります。これは単にイギリスの出版社の方が英語の輸出に熱心で、アメリカの出版社はそれをほとんど考えていないことの現われに過ぎないのですが、この「イギリス英語版」の方は、アマゾンのカスタマー・レビューに、「これはイギリス英語だからTOEICには役立ちません」なんて書かれていたりします。同様に、日本で BBC World の音源を利用して制作されているリスニング教材なんかにも同様の「物言い」が付いたりしています。

こういうのを読んで思うのは、この人たちはTOEICで高得点さえ得られれば英語ができるようにならなくても良いと思っているのではないか?ということです。就職や、会社内の昇進等々にさえつながればいいと。つまり、TOEICは既に「人間を選別するための試験」に成り下がっている。これでは、何かと悪評の大学英語入試と同じです。違いがあるとすればリスニングの占める比重がTOEICの場合は半分もあるということでしょうか。

いや、TOEIC自体には罪はないので別の言い方をすれば、日本人は、(社会制度化された)試験と見るとすぐにそれで高得点を得ることばかり考える癖が付いているということでしょうか。試験の本質は、英語力なら英語力の中から微細な一部分をいくつかサンプルとして取りだしてそれが出来るかどうかを見ることによって、その人の英語力を推定しているだけなのに。

確かにTOEICで使われているアメリカ英語とイギリス英語には違いがありますが、そういう違いが問題になる以前の「英語力」を付けるのにもがいているのが大部分の日本人の実態でしょう。それを「試験対策」に矮小化してしまうのは(「英語力を付けることは良いことである」ということを一応前提にすると)あまりにもったいない。既にそういう風潮が出ているように感じられるのが嘆かわしいです。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。