So-net無料ブログ作成
検索選択

アリゾナ旅行とサボテン(2) [旅]

次の記事に回す、と書いてから日数が経ってしまいました…。

学会があったのは、アリゾナのフィニックス近郊だったのですが、巨大サボテンのあるサワロ国立公園はもっと南のツーソン(トゥーソン、Tucson)の近くです。

map_tucson.jpg

レンタカー高速道路を南下していると、途中から忽然と巨大サボテンが視界に入ってくるようになり、トゥーソンに近づけば近づくほど増える、という様相を呈していました。サワロ国立公園は、トゥーソンを挟んで西と東の2か所に分かれているのですが、西部門のビジターセンターに着く頃には、見渡す限り、巨大サボテンが広がっている、という景色になったのでした。

2013-11-19 16-08-56 (640x427).jpg2013-11-19 16-42-38 (640x427).jpg

実を言うと、巨大サボテンがこんなにびっしりと生えているとは予想していなかったので、これを見てしばらくは呆気にとられてしまいました。その後には笑えてきてしまいました。やっぱり、ひょうきんな感じがしますからね。相方の表現では「たくさんの人が“ワーイ”と言っているみたい。」

2013-11-19 15-30-13 (480x640).jpg

トゥーソンには1泊して、2日目は、今度は東側にあるサビーノ・キャニオン(Sabino Canyon)という、やっぱりサボテンの生えた峡谷に足を運びました。

このひょうきんな姿の巨大サボテンと一緒に写真を撮るなら、やっぱり、同じような姿勢になるしかないですね!

2013-11-20 13-54-55 (427x640).jpg

サビーノ峡谷では、レールなし列車のような乗り物で、峡谷ツアーに行けます。

2013-11-20 14-00-11 (427x640).jpg

道中はもちろん、サボテンだらけ。

2013-11-20 14-11-07 (640x427).jpg

峡谷ツアーの終点はこんな感じです。往復で1時間ほどでした。途中に川らしきものは見えるものの、ほとんど水など流れていないので、よくぞここまで削られたものだね、という感じです。そして、斜面にはやっぱりサボテンがびっしり。

2013-11-20 14-35-13 (427x640).jpg

この日はなかなかハードスケジュールで、午前はこの峡谷ツアー、昼食を挟んで午後は、アリゾナ・ソノマ砂漠博物館へ行きました。これは、前の日に行ったサワロ国立公園の西部門ビジターセンターの近くにあります。ここでは午前10時と午後2時の2回開催の猛禽類飛行ショーがあるのですが、何とか午後の部に間に合いました。

2013-11-20 17-19-46 (640x427).jpg

その他にも、カワウソやらビーバーやらも見られましたが、やっぱり、本命はここ。

2013-11-20 18-29-33 (640x427).jpg

 ハチドリです。

2013-11-20 18-47-16 (640x427).jpg2013-11-20 18-47-54 (640x427).jpg

それほど人間を怖がるわけではないので、こういう写真も撮れてしまいます。運がよければ肩に乗ってくることもあるそうですが、今回はそこまでのことはありませんでした。しかし、こうやって寄った写真を撮ってしまうと、ハチドリの小ささがあまり分かりませんね(汗)。

最後に、たくさん生えているサボテンを見ながら連想していたものがあるのですが、それを意識しているのかいないのか、砂漠博物館の中に、何故か小さな水族館があり、まさにその、僕がサボテンを見て連想したものが展示されていました。

2013-11-20 16-15-22 (480x640).jpg

日本語では「チンアナゴ」と呼ぶようです。本当はもっと密集していてくれるとイメージに近くなるのですが…。

夕方、フィニックスに戻って1泊し、翌日帰宅しました。トゥーソンから離れるにしたがってサボテンが減っていくのがさびしかったです…。ですけど、予想以上にテンションの上がる旅だったと思います。群生するサボテンは本当に、一見の価値がありますよ。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。