So-net無料ブログ作成

カヌー@Tyler State Park [スポーツ]

この前の日曜日に、最近買った Outdoor with Kids Philadelphia という本で見つけた、タイラー州立公園に行ってきました。実際のところ、こういう本をここに移り住んでから1年半近く経って、あと半年ちょっとで日本へ帰るために引き払うような時期に買うのは遅すぎたのですが、残りが短くなっているだけに、滞在期間を有効に過ごしたいという気持ちから買ったのです。


自宅からは車で1時間ぐらいかかりました。ついたら早速長男はペダル無し自転車で遊び回りました。

2013-08-11 13-01-12 (480x640).jpg

お弁当を食べた後、2人漕ぎのカヌーを借りて(レンタル料は最初の1時間が20ドル、その後は1時間ごとに9ドル)、それでで1時間ほど小川を上り下りしました。実を言えば僕も相方もカヌーの経験は皆無だったのですが、流れがとてもゆっくりした小川だったので何とかなりました。

2013-08-11 15-18-29 (480x640).jpg

先週のキャンプで乗った手漕ぎボートに比べて、カヌーは小回りがきいて操縦そのものは易しかったのですが、うっかりすると容易に転覆しそうな不安定さにピリピリしていました。僕は最初は座席部分に座って漕いでいたのですが、子供たちが片側に寄って遊んだり、そうでなくても重心が高くなるせいで揺れが激しくて、その揺れを受け止める腰が悲鳴を上げたので、この写真のように船底に座り直して漕ぎました。体が低くなると漕ぐ動作はやりにくくなるのですが、自分の体のポンコツ具合がちょっと悲しいです…。

カヌーの後は、浅瀬で水遊び。泳いでも良かったのですが、着替える場所が事実上なかったので、それは子供たちだけにしておきました。 

実は相方はカヌーにもあこがれていたので、今回、その欲求を満たすことができて良かったです。僕も楽しめたので、また来たいと思います。ガイドブックが早速役に立ったことも嬉しいです。(実は、前日の土曜日には、やっぱりこのガイドブックに載っていたフォート・ワシントン州立公園に行ってみたものの、ここは「外れ」だっただけに。)


オートキャンプ@Ricketts Glen State Park [旅]

近所の日本語教会が企画した2泊3日のオートキャンプに、日曜日から火曜日まで行って参りました。場所は、フィラデルフィアからだと車で2時間半ほどのリケッツ・グレン州立公園です。


相方は学生時代に山岳部だったので、この企画を聞いた途端に血が騒いでしまって(去年のイエローストーンのテント村と同じですね)、どうしても行きたい!という話になったわけです。僕はこういう身体的に大変なことには気が進まなかったのですけど、まあ、抵抗するだけ無駄でした(笑)。これに参加するために、テントその他を買いそろえたので、来年日本に帰った後も定期的にこういう話が出るんじゃないかなあ…。もっとも、自家用車がなければ無理ですけどね。

2013-08-04 17-27-22 (640x427).jpg

買ったテントはなんと9人用でした。もっとも、4人だからといって4人用にすると、4人がやっと寝転がれる程度の広さになってしまうので、登山ではないこういうキャンプでは大きめが良いのだという相方の考えによるものです。

2013-08-04 22-43-30 (640x427).jpg

おかげで、確かにキャンプとは思えないくらいゆったりとしたスペースが確保できたのでした。それでも、テントで寝るのは、腰痛持ちで、最近は四十肩(五十肩?)がひどい僕にとっては、なかなか大変なものがありましたが…。寝袋の下に敷いてあるのはヨガマットです。

ちなみに、これが完成したテントの外観です。

2013-08-04 18-24-15 (640x427).jpg

料理は、カセットコンロを使って、1日目はパエリヤとムール貝のワイン蒸し、2日目は豚汁を作りました。

2013-08-04 19-37-03 (640x427).jpg

食事は各自作ったものを、企画した日本語教会の牧師さんのスペースに作ったキャンプファイヤーの周りに持ち寄って食べました。

2013-08-04 20-58-19 (640x427).jpg

メインの活動は2泊3日ですから、当然2日目でした。午前中は、13もの滝がある川の脇の散歩道を上り、午後は湖で手漕ぎボートを楽しみました。(どちらも、写真を撮る余裕がなかったのが残念です…。)

ところで、相方は、キャンプだけでなく、ハンモックにも思い入れがあります。そういうわけで、キャンプ道具とは別に、ハンモックも買いそろえていました。

2013-08-05 15-34-07 (427x640).jpg

でも、この写真のようにハンモックはほとんど子供たちに占領されていて、僕たち親はほとんど使わせてもらえませんでした。でも、とても楽しそうだったから良かったです。

結果的には、なかなか気が進まなかった僕も楽しめたキャンプでした。しかし、相方は既に、この夏の間にまたキャンプに行きたいと言い出しています。いや、僕も楽しめたとはいえ、身体的には大変辛かったのも確かなので、一夏に1回で良いじゃない、と言って抵抗しています。まして、今月の後半には西部(カンザスとニューメキシコ)への家族旅行を控えているので…。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。