So-net無料ブログ作成
検索選択

松井秀喜引退セレモニー@ヤンキースタジアム [スポーツ]

6月13日の記事で予告していましたが、行って参りました。

1塁側内野席最上段(4階)に陣取りました。デーゲームなので酷暑を覚悟していたのですが、当日は最高気温28℃としのぎやすい日になりました。試合中は小雨もぱらつきましたが、僕たちは屋根のある区画だったので助かりました。普段の試合のことは知らないのですが、この日はさすがに、観客に日本人が多かったですね。松井の地元からのツアーらしき人たちも見かけました。

当日まで、ろくに予備知識を仕入れていなかったんですが、この試合は松井の背番号55に合わせて今季55試合目、しかも対戦相手のタンパベイ・レイズというのは去年、松井が最後に在籍したチームだったんですね。うまい巡り合わせになったものです。

2013-07-28 12-50-03 (640x427).jpg

セレモニーそのものは、まあ、あんなものですかね。松井からの肉声での挨拶がなかったのがちょっと残念だったような気もします。

ところで、↓の写真スタンド最上段から僕のカメラFinePix900EXR)の20倍ズームで、かつての盟友ジーターからユニフォーム型の盾を受け取ったところを撮ったものです。2~3月に一時帰国したときに買い換えたカメラでしたがこれだけ寄れたというのは、買い換えておいて良かったと思いました。その前に使っていた F300EXRのズームは15倍でしたから。

2013-07-28 12-58-41 (427x640).jpg 


ところで、この試合でサヨナラヒットを放ったヤンキーズ4番のアルフォンソ・ソリアーノって、何か聞き覚えのある名前だと思ったら、元広島で、ドミニカのカープアカデミー出身の、あのソリアーノでした。しかも2日前にシカゴ・カブズからヤンキーズに移籍加入したばかりだったんですね。

イチローも4安打だったので、我々日本人にとって見所の多いゲームではありました。ヤンキーズのファンにとっては、スター選手のデレク・ジーターが怪我から復帰した試合という位置づけだったようですね。

ヤンキースそのものは、厳しいシーズンになっているようです。地区4位ですからね。ソリアーノの加入とジーターの復帰でどこまで盛り返せるか、といったところでしょう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

参議院選挙の在外投票を済ませました。 [社会]

先々週の土曜日(6日)から一昨日(15日)まで、日本から母と妹が遊びに来て、あちこち飛び回っていたのですが、そのさなか、先週の金曜日に、参議院選挙の在外投票を、郵送で済ませました。管轄の選挙管理委員会に届くのは17日だそうです。ちなみに、相方は僕とタイミングが合わせられず、昨日の郵送になりました。投票日の前日、20日に届くようです。

郵便投票のためには、投票用紙を選管にあらかじめ郵便で請求して取り寄せておく必要があり、その手続きは公示日にかかわらず、早めに行うことを推奨されているので、僕はこれを7月1日に請求しました。しかし、いざ関連書類が届いてみると、送られてきたのは投票用紙と郵送に必要封筒類、それから投票方法の説明書きだけでした。つまり、選挙公報が入っていなかったのです。公示日よりも前に請求したからなのかどうか、その辺は不明ですが、今回はそういうことになっていました。

今回からインターネットを利用した選挙運動が可能になったということで、それなら、選挙公報なんかもオンライン化されているのだろうかと期待したのですが、残念ながら、投票する前にネット上に選挙公報を見つけることはできませんでした。最初に書いたような理由で忙しくて、ネット上をじっくり探すことができなかったという要因もあるかも知れませんが、結果的に、僕たちは、自分の選挙区にどんな候補者がいるのか、比例区であれば、どんな政党が候補を擁立しているのか、という基本的な情報ですら、公式な一次情報は得られないままに投票せざるを得なかったというわけです。僕は、やむを得ず某ポータルサイトの特集ページから各種の情報を得ました。二次情報では、ミスや情報の歪曲が怖いなあと思いながらです。

今この記事を書きながらよく探し直してみたら、僕が投票する東京選挙区の選挙公報はここに掲載されていました。しかし、少なくとも先週の間は、検索してもヒットしてこなかったんですよね…。(URLが、直前に済んだばかりの都議会議員選挙のものを流用しているというのはご愛敬…でしょうか。)

在外投票には、郵送の他に、在外公館で投票するという方法もあります。僕らが今住んでいる場所からなら、在ニューヨーク総領事館で、在外選挙人証の登録が済んでいる人は、何の予備的手続きも無しに、今回なら公示日の翌日である7月5日から14日までの期間に、直接出向いて投票するというやり方です。もっとも、ニューヨーク在住・在勤の人ならともかく、うちからだと自動車で片道2時間半かかるところに直接投票に行くというのは難しいですね。郵送は郵送で、投票日に間に合わせるために速達郵便を使うので、1回の投票に40ドル以上かかってしまいます。

どちらの方法でも、在外投票の負荷は大きいですね。しかも、日本に住んでいる場合のように、選挙公報も、候補者の一覧ですら、簡単には手に入らない。在外投票の投票率って、どれくらいなのかな…と案じざるを得ません。手続き自体、登録→投票用紙請求→投票、と煩雑ですし。

いずれにせよ、どんな候補者がいるのかという基本的な情報ぐらいは、在外投票の対象者に、もっとアクセスしやすい形で周知してもらいたいと思います。とはいえ、去年末の衆議院選挙とは違い、今回は、何はともあれ投票できたのでほっとしました。結果が満足のいくものになるかどうかは、また別の話ではありますが…。

 


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長男、4歳の誕生日 [育児]

昨日(アメリカ時間)7月2日は、長男の4歳の誕生日

午前中は、通っているプレスクールで、おやつの時間にパーティーをしてもらいました。僕は仕事に行っていたので参加しませんでしたが、今思うと参加すれば良かったなあ。

2013-07-02 11-35-04 (640x427).jpg 

このプレスクールは、そういうことも希望があればできるよ、というシステムになっているのです。ただし、ケーキやプレゼントは、祝われる子供の家で用意します。通園している期間に誕生日がない子がかわいそうなのでは?という疑問は当然沸くのですが、これくらいの年齢の子の場合、本当の誕生日かどうかということは気にしないものなので、希望があれば誕生日以外にやってもいい、という話でした。実際にそういうことをした子がどれくらいいるのかは、不明ですけど。

実は、1月の娘の2歳の誕生日の時にもやってもらったのでした。娘は火曜日と木曜日が通園日なので、1月21日(月)とは一致しなかったのですが、1日ずらしてやってもらいました。(よく考えたら、娘の誕生日を記事で書くのを忘れてた…。次回は忘れずに書かなければ。)

夜は改めて僕が加わって、家族でパーティーです。

2013-07-02 20-09-12 (640x427).jpg

2013-07-02 19-54-52 (640x427).jpg 

僕ら両親からのプレゼントは、ペダル無しの自転車です。

2013-07-01 001 (640x480).jpg

実は先週土曜日に買ってきたもので、既に遊んでいます。(これで練習しておけば、いきなり補助輪無しで自転車に乗れるようになるなんて話もあるようですが、本当かな?小学校2年まで補助輪がとれなかった僕からすると、ちょっと信じられない。)

新潟の僕の両親からのプレゼントは、野球のグローブとボールです。ボールは当然、ゴムまりです。

2013-07-02 20-41-15 (480x640).jpg

アメリカには、日本の軟式ボールがないのは知っていましたが、以前、フィリーズ観戦に行った時に売店で見てびっくりしたのは、すごく小さな子供向けのグローブでも、硬式ボールとセットになっていたことです。最初から本物に触れさせようという発想なのでしょうが、ノーコンの息子には怖くて持たせられなかったのでした。

父からは、キャッチボールつきあってやれよ、と言われたのですが、僕がキャッチボールをしてもらったのって、小学校4年からだったよなあ、ということが思い出されます。

ところで、この写真でバックのテレビに映っているのは、息子の誕生からの写真を集めてスライドショーにしたものです。家でパーティーをする直前に相方が思いついて、慌てて僕がSDカードに写真をコピーしてにわか仕立てしたのでした。見ながらとても懐かしくて、ちょっと涙が出そうになりました。今のテレビには普通にスライドショー機能が入っているので、おすすめです。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

カーステレオで懐メロ [エンターテインメントその他]

こちらに来てから、音楽を聴くのはカーステレオが中心になりました。

たまたま今の車のカーステは mp3 CD を再生できるので、アルバム何枚分もの音楽をまとめて聴いています。もっとも、子供たちの気晴らしが最大の目的なので、童謡が中心です。あとは、子供にとても受けがいい、Queen のベスト盤。それから、僕や相方にとって親しみやすい洋楽として、こっちで買った、マイケル・ジャクソン、ビリー・ジョエル、マドンナなども聞いていました。全部ベスト盤です。もっとも、相方はビリー・ジョエルのことは知らなかったんですね。でも、何度も聴いているうちに、気に入ってくれたようです。

しかし、去年ずっと同じものばかり繰り返し聞いていたので子供たちも含めて飽きてしまいました。それで、日本の曲も聴きたいということになったのですが、僕がPCに取り込んであったものから選ぶことになるので、どうしても偏りができます。しかも、相方は僕が聴く音楽の中で一部しか好んでくれないんですよね~。中森明菜のベスト盤、杉山清貴(&オメガトライブ)のベスト盤、八神純子のベスト盤などにとどまってしまう。

それで、思い切って配信で、懐かしい曲をもっと買ってしまえ、ということになったのです。こういうとき、配信は便利ですね。CDだと、配送料の関係で、日本からアメリカへ取り寄せようなんて考えられませんから。今回買ったのは、ゴダイゴのベスト盤と、松田聖子のベスト盤です。その他に、NHK教育の「おかあさんといっしょ」の歌なども。

iTunes で買ったものを mp3 CD に落とすにはちょっとした作業が必要ですが、今の iTunes はDRM無しなので、これは簡単です。実は、僕がPCに取り込んでおいた曲は、ソニーの SonicStage (今の x-appli)で、独自形式で取り込んでしまってあったので、一旦 CD-RW に落としてから mp3 で取り込み直すか、wav に変換して更に mp3 に変換するかという面倒な作業が必要でした。オプションには、mp3 で取り込むという設定もあったのに、何も考えていなかったのでした。

松田聖子を改めて聴いてみると、とてもいいですね。僕はリアルタイムでは(同い年ということもあって)中森明菜を支持していたのですが、今聴くと、松田聖子の方が普遍性がある音楽だなということを認めざるを得ません。そう思うのには、子供たちの反応もあります。中森明菜には乗ってこないのに、松田聖子を聴かせたら、長男など、2回目でもう「裸足の季節」を一緒に口ずさみ始めて、もう覚えてしまいました。

ほかにも、あれこれ買いたい曲を相方と話し合っていたのですが、松田聖子はほとんど「決定版」といってもいいくらいで、これでとりあえずは満足してしまいました。僕らにとって、これを上回る“懐メロ”なんてないんじゃないかという気さえします。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。