So-net無料ブログ作成

今度は野球を見ましたが… [スポーツ]

前回の記事で「行くつもり」と書いた野球観戦ですが、この前の日曜日(5月5日)に行ってきました。子供たちを連れて行くことを考えるとナイトゲームは難しいので、デーゲームだったこの日の試合にしたというわけです。地元の球団フィラデルフィア・フィリーズが本拠地Citizens Bank Parkにマイアミ・マーリンズを迎えた4連戦の最終日でした。この時点で、フィラデルフィアはナショナルリーグ東地区3位、マイアミは5位(最下位)だったので、勝てることを期待していたのですが…。

2013-05-05 14-40-05

試合開始にはぎりぎりで間に合わず、座席に着いたのは1回の裏の攻撃中。そこで、スコアボードを見ると、

2013-05-05 15-04-53

1回の表に5点も取られてしまっていたのでした。しかも、よく見ると、その5点は、ヒットたった2本で取られたもの。おいおい、どうなのよ、と思っているうちに、1回の裏の攻撃は0点で終わってしまいました。

2013-05-05 15-02-57

陣取ったのはライトスタンドの2階席。チケットを買う段階では分からなかったのですが、この位置だと、大きめのライトフライは死角になってしまうのでした。僕は、日本では野球を野球場に観に行ったことはほとんどありませんが、これには少々がっかりしました。

しかし、もっとがっかりだったのは試合展開。2回はお互いに0点だったのですが、3回の表のマーリンズの攻撃(というよりフィリーズの守備)がひどかった。デッドボールで先頭打者を出し、そのランナーが二盗、そのバッターも四球で出してしまい、更に次の打者にヒットを許して無死満塁。1人三振でアウトを取ったものの、次の打者はホームラン。ヒット2本で4点を許し、この時点で0-9という大差がついてしまいました。

因みに、そのホームランは、どうやらライトフェンスの上端で跳ね返ったらしく(ちょうど死角の位置だったので見えなかった)、最初はフェンス直撃の2塁打、2点というものでした。ところが、審判団がビデオ判定のためにいったん引っ込み、改めてホームランのコールがされたのでした。恐らく、フェンス自体ではなく、フェンスの内側の手すりか何かに跳ね返ったという判定だったのでしょう。

ありゃりゃ…。

2013-05-05 15-44-26

観客席のあちこちからブーイングが起こり、早くも席を立つ人が目立ち始めました。僕らも、子供たちが最初から試合に興味を示さず、遊んでばかりいたので(これは仕方がない。野球はルールを知らないと全く楽しめないでしょうから)、席を立ち、コンコースで間食を食べたり、グッズの買い物をしたりして時間を過ごしました。コンコースはとても広かったのですが、とても混雑していたのは、こんなに大差のついた試合を観るよりも、ほかのことをした方が楽しいと思った人が多かったからなんでしょうね…。

試合は、最終的には2-14でマーリンズの勝ち。デーゲームしか選びようがなかったとはいえ、どうやら最悪の日に見に来てしまったようです。また見に来たいとは思いますが、今度はもう少し面白い試合をお願いしたいですね。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。