So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカでサッカー観戦 [スポーツ]

僕は日本ではJリーグのアルビレックス新潟のサポーターです。子供が生まれてからはスタジアムに行ける機会がとても少なくなってしまいましたが、それ以前は、多い年では1シーズンに20試合以上も見に行ったこともあるくらいです。

そんな僕なので、去年の4月にアメリカに来たことで一つ残念なこととして、アルビレックスの試合を観られなくなるということがありました。こちらに来てすぐに、地元フィラデルフィアにMLS(メジャーリーグサッカー)のチームがあることを知ったのですが、やっぱり、アルビレックスじゃないしな…という気持ちで、観戦に行くことはしませんでした。それは、去年は研究が難航して、心理的余裕がなかったということも関係しています。(夏には、イエローストーン旅行みたいな、壮大な家族旅行はしましたけどね。)

しかし、4月1日に渡米1年を過ぎ、研究の大きな作業が一段落したこともあり、残り1年はもっと楽しまなきゃ、という気持ちになりました。それで手始めに、こっちでもサッカーを見てみよう!ということになり、2つ前の週末の4月13日、家族4人で、地元フィラデルフィア・ユニオン対トロントFCの試合を、本拠地 PPL Park に見に行きました。

2013-04-13 007 (1024x683) (512x342).jpg

陣取ったのは、バックスタンドの最上段。それでも、サッカー専用スタジアムなので、それほど高い場所ではありません。収容人員が約19,000人ということもあり、アメリカでは第5のプロスポーツに過ぎないサッカーでも満員に近い賑わいがありました。

2013-04-13 006 (1024x683) (512x342).jpg

でも、試合そのものは…。何と両チーム併せてイエローカードが9枚も乱れ飛び、1人が退場するという荒れた試合になってしまいました。

2013-04-13 001 (768x1024) (384x512).jpg

試合展開としては、後半36分に、ディフェンダーの裏への一発のロングパスを通されてしまいフィラデルフィアが失点。それまでが、互いに技術が低くてパスがつながらない拙攻の連続だったこともあって、観客席からブーイングが飛ぶ始末でしたが、その後、43分にトロントが退場者を出してからはフィラデルフィアが押しまくり、オフサイドとファウルで2度ゴールが認められなかったのにもめげずに、ロスタイム3分にようやく追いつき、そのまま試合終了でした。

追いついたときには、ホームゴール裏で発煙筒が焚かれたりしてスタジアムは大いに盛り上がったんですが、内容的には、負けなくて良かったね、といったところ。

僕は、どちらも真剣に応援するわけではなく、ある意味では野次馬的に見ていたおかげで(いちおう、地元のフィラデルフィア寄りには見ていましたが)、アルビレックスの試合を観るときよりもずっと気楽で、ある意味では楽しめたのかな、と思います。

子供たちは、最初の10分ぐらいは楽しそうに見ていましたが、それ以降は飽きて跳ね上げ椅子に乗ったり降りたりという遊びに精を出していました。まあそれは仕方ないかな。でも、何もルールを知らない状態では、野球よりもサッカーの方が楽しめると思うのですが。相方はサッカーよりも野球という人間ですが、試合終了間際の盛り上がりは結構楽しかったらしく、僕が「見たこともないほど楽しそうに見えた」ということもあって、また見に行こうという話になりました。

今後は、サッカー以外にも、野球(フィリーズ)や、冬のバスケットボールも見に行くつもりです。秋のアメフトはルールが理解できていないので、果たしてどうかな…。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。