So-net無料ブログ作成

ウエストバージニア旅行 [旅]

こないだの週末は、早めに休んで金曜日から月曜日までドライブで旅行に行ってきました。

目的地は、ウエストバージニア州ベックリーの炭鉱博物館です。1日で移動するには厳しい距離ということで、行きと帰りに途中で1泊ずつ、合計3泊が必要ということで、金曜~月曜という日程になりました。そもそも何故この場所を目的地にしたかと言えば、僕がアメリカ50州踏破を目指していて、ウエストバージニア州は残る7州の中の1つだったからです。ウエストバージニア州はペンシルベニア州に隣接しているので、「足を踏み入れる」ことだけを目的にするなら、州境をまたぐだけでも良いんですが、家族を巻き込んで出かける以上は、当然行く意義をはっきりしなければならないので、炭鉱見学を旗印にしたのでした。

行きは、バージニア州のウィンチェスターという町に宿泊することにして、午前中に移動し、午後はその近くのシェナンドア国立公園を訪れました。これも、途中宿泊地にも意義を求めた結果です。この国立公園は、アパラチア山脈の景色と、時折遭遇する熊などの野生動物がウリのようです。僕たちは野生動物を見ることはありませんでしたが、景色はさすがと思わせるものでした。

2012-08-10 006

翌土曜日も午前中移動でベックリーに移動し、目的の炭鉱博物館に着きました。

2012-08-10 022

ここのメインは、トロッコで炭鉱跡に入って、実際に働いていた人から説明を受ける、30分のツアーです。

2012-08-10 018

もっとも僕らは、説明そっちのけで騒ごうとする子供たちを押さえるのに必死で、ろくに説明を聞くことはできませんでしたが…まぁ必然ですね。そもそも、ここに来ることを考えた僕も、トロッコなら遊園地の遊具のように子供たちが楽しめると考えたわけですから。

3日目は、午前中をベックリーの近くにある New River Gorge National River という国立公園で過ごしました。ここは、その名も New River という名前の川が作り出した大峡谷がウリです。

2012-08-10 026

本来はたくさんあるハイキングコースを歩きつつ景色を楽しむべき場所ですが、3歳と1歳の子連れではそれは当然難しいので、板敷きの遊歩道を歩いて、峡谷に架かる橋を眺めるだけにとどめました。

そんな中、息子は持ち前の積極性を発揮して、白人の女の子と遊んだりしていました。

2012-08-10 029

娘はといえば、この写真にも写っていますが、階段を全部自力で登り切るという挑戦に成功しました。

2012-08-10 031

午後は帰路につき、往路で宿泊したウィンチェスターよりも少しフィラデルフィア寄りのウエストバージニア州マーティンズバーグという町に泊まりました。この旅行中は当然外食続きで、お米のご飯が食べられなかったのですが、この町には KOBE という名前の日本食レストラン(チェーン?)があったので、試しに夕食に出かけてみたら、鉄板焼きで職人がパフォーマンスをするというタイプの、アメリカでは古典的な日本料理店でした。特に息子には大受けでした。

最終日は、当然自宅に戻ったのですが、フィラデルフィアの近くにある観光地でありながら、なかなか行く機会がなかった、ペンシルベニア・ダッチ地域(ランカスター郡)に立ち寄りました。インターコースという町の、Kitchen Kettle Village というショッピング街と、そこの隣の Lapp’s Coach Shop で買い物をしました。Ball tower という子供向けのおもちゃがとても気に入り、安かったので購入しました。

marble-rollers-3

次は、来週末から10日間のイエローストーン国立公園への旅行が待っています。それに向けて、いい慣らしができたんじゃないかと思います。

地図画像

こちらでの仕事 [仕事]

僕は「訪問研究者」としてアメリカに来ています。仕事は自分の研究を進めることですが、その仕事はこんな風にやっています。

image-20120802224008.png

自分で持って来たノートPCで仕事というのがちょっと切ないですね。あと、研究室の冷房が効きすぎで、暑がりで冷房好きの僕でさえ、あまりの寒さに頭痛がするというのも辛いところです。

しかし、これほど自分の自由になる時間がとれる環境は何物にも替え難いので、大事にしたいです。

熱気球祭りと運転免許 [旅]

今回の記事は iPhone のアプリからの投稿です。PCを使うのがほぼ仕事場に限られていて、そこではかなり詰めて仕事をしているので、ブログの更新が難しい状況が続いています。Facebook の更新なら iPhone からできているので、ソネブロも iPhone を使えば少しは更新の頻度か上げられるかな…と思って試すことにしました。(しかし、予想してはいましたが、長文を打つのが大変ですね…。)

先週末は、アメリカに来て初めての泊まりがけの家族旅行に行きました。と言っても、車で1時間半ほどのニュージャージー州(Readington というところの Solberg 空港)ですが、熱気球フェスティバルです。相方が熱気球に相当思い入れがあるということで、出かけてきました。

呼び物は、早朝6時半と夕方6時半に飛ばされる熱気球。土曜日の夕方の飛行を見ようと狙っていたのですが、その日は不安定な天気で現地へ向かう道中から激しい雷雨が断続的に続いたため、熱気球飛行は中止になってしまいました。そしてその晩は近くのホテルに宿泊、がんばって翌朝の飛行を見ようかと思いましたが、さすがにそれに合わせて起きるのは無理でした。

で、代わりに、下調べ不足で知らなかった、紐で係留された気球に乗る、というのを日曜日にはやりました。こんなのです。

image-20120802185412.png

僕は高所恐怖症なのでかなりビビりましたが、いい景色でした。長男はかごの穴から、長女は相方の抱っこ紐から下を見れたはず。乗ってから降りるまで、5〜10分くらいだったかな。

image-20120802220256.png


考えてみれば、熱気球の祭りなのに、1日2回の飛行だけのはずないですよね。行って良かったです。

次はおまけですが、僕の運転免許について。6月21日に路上試験だと以前の記事に書きましたが、何と、その試験では縦列駐車を失敗して不合格だったのでした!その翌週には相方が路上で合格したのですが、彼女は僕と違って、毎日必要に迫られて運転していたのが良かったんだと思います。

僕の再挑戦は今週火曜日でした。路上試験は学科に合格してから1年間何回でも受けられるのですが、夏は試験場が混んでいるので間が空いてしまったのです。

しかし、今回も、危うくまた縦列駐車を失敗しかけてしまいました。僕のパニックを見かねたのか、試験官が、親切にも、やり方を指示してくれてやっと事なきを得たというのが紛れもない事実です。僕が前回、縦列駐車で不合格だったことは記録で分かっているし、僕が日本の免許を持っているのも分かるので、情けをかけてくれたとしか思えません。何か、カンニングでもしたような気分ではあります。

ですが、何はともあれ、これでアメリカ生活の最大の懸案がクリアできたことになるので、これからは楽しんでやっていきたいと思います。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。