So-net無料ブログ作成

1ヶ月半が過ぎて [生活]

4月1日から、アメリカのフィラデルフィア郊外で暮らしています。職場の在外研究制度を利用して、visiting scholar (客員研究員?)として、こちらの大学で研究をさせてもらっています。

…とは言うものの、家族で来ているためもあって生活の立ち上げに関わる雑事が多く、「客員研究員」には、これといって出勤の義務などがないことも手伝って、職場にはほとんど来ていません。今日は職場から更新しているのですが、来たのは3週間ぶりぐらいかな(汗)。

この3週間の間は、運転免許の学科試験を受けたり、車を買ったり(人生で初!)、船便で送った引越荷物を受け取ったり、それに伴って家具を買ったり、IKEAで買ったものはそれを組み立てたりと、色々な雑事をこなしていました。

しかし、まだまだ終わっていないことが沢山あります。免許の学科試験は受かったものの、路上試験はこれからです。早く受からないと、車の仮登録(国際免許だけで仮に売ってくれている)の期限が来てしまうのですが、予約をするのを雑事に追われて先延ばしにしていたら、路上試験は来月21日ということになってしまいました。

それにしても、アメリカの運転免許は、確か日本では無試験で日本の免許に書き換えてもらえるのに、(州によって違うはずだとは言え)逆ができないなんて…。こういう取り扱いは、相互主義が原則じゃないのかなあ。9・11の同時多発テロ以来、厳しくなったらしいのですが。

持病に関して、日本で受けていた治療をこちらでも継続するために医者に行かなければならないのですが、手続きが思いの外複雑で、未だに1回も行けていません。もう、日本でもらった薬はほとんど尽きてしまったというのに。

長男は、言葉が分からなくて、公園に行ってもなかなかうまく遊んでもらえない状況です。ある意味では本末転倒なのですが、それを解決するために、9月からこちらのプレスクールに入れようと考えて、現在受け入れ先を探しているところです。但し、トイレトレーニングが終わっていることが前提なので、今あわてて、トレーニングをしているところです。しかし、なかなか、自分から「行きたい」と言ってくれず、難しいですね。9月までにできるようになるのだろうか…。何となく、期限を切って焦ると却ってうまくいかないんじゃないかという不安もあります。

IMG_8744.jpg

ついでに長女もプレスクールに、ということも頭にあるのですが(こちらは年齢的に、トイレトレーニングは済んでなくても構わない)、しかし、1日2~3時間ずつとはいえ、預けてしまうことには、何となく胸が痛みます。息子についても同様なのですが、毎日一緒なのが当たり前になっていて、親である僕がある種、依存してしまっているのかな…とも思います。

IMG_3983.jpg

子供をプレスクールに入れるには、かかりつけ医も決めなければなりません。そのためには、一度、健康診断でも何でも診療を受ける必要があるのですが、それも、これからやらなければならないことです。一応、候補となるクリニックの目星は付いているのですが。

一応、今日からは平日は毎日職場に通うつもりでいます。家にいると、どうしても子供の相手などに時間とエネルギーが割かれてしまって、それはそれで貴重なことなんですが、日本の色々な人たちへの連絡のためのへの挨拶メール(付き合いのある出版社や、学会への住所変更の連絡なども含む)でさえ、書けない状態だったもので。今日ようやく、その辺が多少なりとも進みました。でも、それだけじゃなくて、研究自体も進めなきゃならないんですよね。6月末までに、ある作業を終わらせると、日本の共同研究者と約束してあるだけに。

そんなわけで、これからは、ブログの更新頻度も増やせると思います。読者の方はほとんどいないとは思いますが、書かないと忘れてしまうことって多いので、これは自分自身のためでもありますね。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。