So-net無料ブログ作成

やっぱり仕事する? [生活]

ようやく風邪が抜けそうな感じになっています。咳をしたら青っぱなのような痰が出たのには驚きましたが、体のだるさや喉の痛みは薬を飲みながらとはいえ、ほとんどなくなって、ぶり返しそうな不安感はとりあえずなくなりました。

さて、昨日相方は、育休中の職場に「育休が明けるタイミングで辞めます」と言いに行ったのですが、話はそんな単純なことでは済みませんでした。

話した相手は、研究グループのリーダーの先生。何でも、新しくやらなきゃならない実験があって、新たに人を雇うとしても、実験の一から教えなきゃならなくて大変なので、君に7月あたりからやって欲しい、と言われたのだそうです。勤務形態も、フルタイムじゃなくていいし、勤務時間も柔軟にする、という話で。で、相方はそれを真剣に考慮しているようなのです。

働くとなると、当然息子をどこに預けるかという問題があるのですが(地域の保育園はもはや無理ですよね)、相方の職場の研究所には併設の保育所があり、そこを使えるわけです。産む前は、「通勤電車で子供を連れて行くなんて、できない」と言っていたのですが、昨日実際に連れて行ってみて、そんなに激混みの路線でもないので無茶でもないと思ったのかも知れません。それと、ボスと話している間、その保育所に一時預かりをしてもらったのですが、そこで息子が楽しそうだったらしいということと、入っている子供が定員の半分ほど(約10人)で余裕があるというのも好印象だったのかも知れないです。

えっ、でもその職場は嫌いだから辞めたいって言ってたんじゃなかったっけ、と僕は言ってみたものの、相方は現にやろうかと考慮しているわけだから、その辺は大丈夫なんですね。一つの動機として、育休から職場に復帰すると、「育児休業者職場復帰給付金」がもらえて金銭的にかなり助かるということもあるようですが…。

まぁ、僕としては、相方が仕事をしたければする、したくなくても財政的に心配はないから構わない、というスタンスだったので、止める理由など実際はないのです。それにやっぱり、育休に入ってからの相方は、もちろん育児に集中しているからだとは言え、世界が狭まったというか、仕事をしていた頃に比べて話題が育児関係以外に広がらない感じで、これじゃあ人生あまり楽しくないんじゃないだろうか、と傍から見ていて薄々感じる部分もあったし。

どんな結論を出すのか、ひとまずは見守ろうと思います。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

風邪が抜けない…。 [生活]

恐らく5月2・3日のディズニーランドでもらった風邪は、6日に39℃近い熱が出てピークになり、医者に行きました。翌日の金曜日も仕事を休んだら熱も下がったので、8~10日の大阪・京都には予定通り行きました。しかし、その3日目の10日(月)は咳がひどくて意識も朦朧、明らかにぶり返していました。そのせいで、泉涌寺もいまひとつ楽しめなかった。

東京に帰って、火曜日に早速医者に行き、咳がひどいことを言ったら、それまでのムコダイン(去痰薬)に加えて、セレスタミン(抗ヒスタミン薬+ステロイド)とメプチン(気管支拡張薬)を5日分出してもらえて、その週のうちに何とか咳は抑え込めた感じです。だから、15日に新潟にサッカーを観に行くのも問題なかった。

しかし、週明け18日(火)の授業をしたら、まだまだ喉が治りきっていないことが発覚。何しろ、たった1つの文を声が途切れずに言い終えられないんだから、商売に多いに支障がある。

それで、20日(木)に、コレステロールとアレルギーの薬をもらいに行った機会に、まだ咳が続いて困るんです…と言い、ムコダインに加えてアズノール(うがい薬)をもらいました。もっと強い薬(メプチンのこと?)もあるけど、と言われたのを、いや、そこまでじゃないので、と断ったんだけど、今からすればそれが判断ミスだったな…。その日の午後の授業の1つは、残り時間15分で本当に声が出なくなり、そこで授業を切り上げざるを得なかった。

21日(金)は医者に行くような時間がないので、声が出にくいまま我慢して1日を過ごし、22日(土)の午前に医者に行くか…と思っていたんだけど、疲れから早起きができなかったので断念。午後は駒沢公園にJリーグ・ナビスコカップ予選リーグのアルビレックス新潟vsFC東京戦を観た。その間は喉の状態は小康を保っていたのだけど、どうも、20日を境に新たな風邪をひいたという感覚があって(前回と違って今回は鼻づまりもある)、また悪くなりそうな感じがしたので、帰りに咳止め薬、抗ヒスタミン剤、消炎鎮痛剤を薬局で買って、それで何とかやり過ごそうとしました。

でも結局、日曜(昨日)になって38℃近い熱が出たので、1日寝ていました。今日は多少熱が下がったものの調子が悪いのは相変わらずで、やっぱり寝ていました。医者に行くという選択肢もあったのだけど、医者まで行く元気がなく、相方が息子を連れて育休中の職場に「辞める」と言いに行っていたせいで「行きなよ」とどやしつけてくれる人もいなかったので、怠惰に寝ているしかできませんでした。

夜になって熱は下がってきたものの、これは恐らく薬で無理矢理下げているせいで、本質的に良くなったわけではないので、相変わらず調子は悪いです。今晩一晩寝て調子が戻らなかったら、やっぱり明日仕事に行く前に医者に行くしかないかな…。

途中何回か良くなったとはいえ、既に3週間ほとんど風邪をひきっぱなしという状態なので、かなりきついものがあります。こんなに熱が出たのも数年ぶりだし、こんなに長引くのはほとんど初めてだし、特に声がまともに出ないというのがね…。

因みに、この間、息子も何回か風邪をひきました。症状から見て、僕の最初の風邪(連休明け直後のもの)はうつしてしまったんだろうなあ。気をつけなければ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日はここで [旅]

研究会でした。専門外の講演が思いの外面白かった。僕にもまだこういうことを理解できる頭の柔軟性があるのが感じられて嬉しくもありました。

風邪も何とか収まって良かった。途中から咳に悩まされはしたけど。
100508-134606.jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

石川産のタケノコ [食]

5月4日あたりから体調が怪しかったのですが、連休明けの昨日になり発熱、仕事を休まざるを得ませんでした。ひとまずは寝て快復を待ったのですが、熱はますます上がり、夕方には38.7℃という、近年の僕にしては見たことのない高温になるに至って医者に行きました。こんなに熱が出るのはひょっとしてインフルエンザかな、だとしたら週末の大阪での研究会と京都旅行はやばいのかな…と恐れたのですが、幸い3月4月にはやった喉風邪でしょうという診断でした。

とはいえ、医者まで歩いて行くだけも大変な状態では今日の授業も無理だと判断して、2日連続になりますが休講を届けました。今日は1限から授業があるので、前日から休講がわかっていたほうが学生にも迷惑でないと思ったからでもあります。

そういうわけで今日も休んでいます。今朝の時点で熱は36℃台になってはいたのですが喉の調子は引き続き最悪だったので、休みにしておいて正解でした。

実は息子もここ数日下痢便が続いていたので、昨日相方が小児科に連れて行ったら、お腹の風邪という診断でした。今日は相方がそれがうつったかも…と調子悪そう。僕よりもむしろ寝ていました。そんな感じでうちは家族3人で病人です。明日は大丈夫かなあ。僕自身は明日は大丈夫そうだけど。

そんな中、届いたのが相方の実家からのタケノコでした。多分、裏山で採れたものでしょう。相方の実家には大きな山林もあるのです。入っていたのは大きいのと中くらいのが1本ずつ。すぐに下ゆでをしなきゃならないので、僕が休んで家にいたのはある意味好都合でした。これは相方が苦手とする作業らしいので。しかし、鍋1つで足りないのは仕方ないにしても、大きい方はそのままでは入る鍋がないという強敵でした。縦に割って何とか収めました。
100507-172355.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

初節句 [育児]

今日は、息子の初節句。新潟の僕の両親からは、バルコニーに飾れる大きさの鯉のぼりセットをもらい、石川の相方の両親からは、お祝いのお金をもらったので、それで、有田焼の小さな兜を買いました。

あとは、新聞紙で兜を折って頭にかぶせ、馬に乗せて決めのポーズ!

2010-05-05 004.jpg

何故木馬に乗せるかといえば、別に武将っぽくしたかったわけではなく、両手が空いていると、兜が邪魔なのかすぐに自分で脱いでしまって写真に撮れないからなのでした。相方が木馬を揺らしたおかげでもっと破顔した写真もあるのですが、何となく、こっちの方がきりっとして格好いいような感じが父親としてはするので、この写真を選びました。

有田焼の兜は、新聞紙の兜の右上に写っています。鯉のぼりは…明日片付ける前に撮ってみることにします。

因みに、この連休は、2~4日の3日間は新潟の僕の両親と、僕の弟と妹(2人とも未婚。弟は今年本厄、妹は40になるのに…)と一緒に舞浜のホテルに泊まって、2日と3日は東京ディズニーリゾートに行きました。もともとは、僕の両親が、1日に友人の娘さんの結婚式に出席するために東京に来ることになったから持ち上がった企画です。

ディズニーランドにせよシーにせよ、もちろん、乳児が乗れて楽しめるようなものは限られているわけですけど、予想通り、It's a small world ではしげしげと周りを見つめていました。

2010_0503_153158.jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。