So-net無料ブログ作成

2009年ライブ履歴 [ライブ音楽]

年末恒例のこの記録をアップするのを忘れてました。たった3本しか行けなかったし、敢えて書く必要もないかなとも思ったのですが、一応、記録として。

3/8(日) HB, Group 渋谷 O-Nest 19:00/19:30
4/1(水) ユニコーン 横浜アリーナ
4/15(水) erikuo 南青山MANDALA 19:00

まぁやっぱり、子供ができたらなかなかライブには行けないですね…。1人で行くのは一種の背信行為だし、かといって、3人で一緒に行けるような段階でもないし。今年も厳しいでしょうね。乳児OKのライブがあったら行ってみたいところですけど、音楽の内容にもよるからなあ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

妊娠中知らずに肋骨骨折していた相方 [育児]

この10日間ほど、相方は右足の付け根の痛みに苦しんでいます。一緒に歩いていても、うっかりするとすぐに置き去りにしてしまいます。

最初は近所の評判のいい接骨院でマッサージを受けていたのですが、健康保険がきいて1回600円なのはいいけれども、もらってきた湿布は痛み止めの入らないただ冷やすだけのものだし、2回行っても効果が感じられないということで、改めて整形外科に行って診てもらいました。

行った当日は「妊娠の可能性が排除できない」ということでレントゲンを撮らずにテーピングをして漢方薬が出ただけだったのですが、翌日診てもらった時点では、妊娠の可能性がないことがはっきりしていたので、レントゲンを撮ってもらえたということです。その報告を聞いてびっくり。

痛いのは足の付け根なので、当然骨盤周辺を撮ったわけですが、案外レントゲンフィルムが大きく、肋骨の一部まで写ったのだそうです。それを見た先生は「石灰化してますね」と言ったのだとか。つまり、骨折して治った跡がある、ということらしいです。

妊娠中相方は、息子に肋骨を蹴られてとても痛がっていました。出産後は痛みがひいたのですが、妊娠中痛かったのは、蹴られたことによる打撲ではなく、実際に骨が折れていたからだったのだろうということが、今回のレントゲンで判明したわけです。

2010-01-13 001.jpg

息子は胎児の頃、かなり大きくなってからはもちろんのこと、初期のエコー動画を見ても足を蹴り上げる動きがとても盛んでした。それにしても、骨折を引き起こすほどの力だったとは…。

生まれた後も、いちばんよく動くのが脚です。育児書に「半年過ぎたら布団を蹴飛ばすようになる」なんて書いてあるのを最近読みましたが、僕の息子は2ヶ月で既に布団蹴飛ばしの名人でした。今も特に右脚の蹴りは鋭く力強いです。上の写真は、メリーを引き倒した上に、外れた輪の中に右脚を突っ込んで喜んでいる図なのでした。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

今度はキーボード [育児]

相方が、誰かを祝うパーティーで来月歌うことになったようで、練習のためというか、キーを移調したときの音取りのために、しまい込んでいたキーボードを引っ張り出してきました。

2010-01-21 007.jpg

早速息子に遊ばせました。結構絵になっていると思いませんか?聞こえてくる音はもちろんハチャメチャですけどね。


タグ:キーボード
nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ボンゴ購入 [育児]

うちの息子はものを叩くのが好きです。食卓で膝の上に座らせるとテーブルを叩くし、風呂に入れると水面をパチャパチャ叩くし、朝目覚めたときには両側にいる僕ら両親の顔を叩いて起こします。

だから、というわけでもないのですが、今日、ママ友と一緒に子連れでお出かけをした相方が、子供用のボンゴを買ってきました。

2010-01-20 009.jpg

見本を見せてからうまい位置に置くと、写真のように叩いてくれます。僕が見本として叩いているのを見るときも楽しそう。最近は手拍子に対しても笑顔を見せているのです。

これは子供用で小さいのですが、僕も自分のが欲しくなってしまいました。今さらピアノを練習し直すよりも楽しめるかも?


タグ:ボンゴ

風邪が1週間治らない。 [健康]

先週の火曜日に、今年度最後の講義を終えた後からどうも調子が悪かったんです。仕事の緊張感から解放されるとえてしてそうなりがちですが、今回はどうもそう簡単ではなかったようで。

喉の痛みに加えて、鼻もぐずぐず、わずかに寒気もする。左腰も痛くて座ったり寝たりに支障あり。腰は別として、風邪なら症状を抑えて治るのを待つしかないと思い、抗ヒスタミン薬と解熱鎮痛薬で誤魔化していました。なに、週末までの出勤日は金曜だけだし、それまでには治るさ、と思って。

でも金曜になっても治ってない。土曜日には宴会の予定が入っていたので、土曜の朝に回復していれば…という願いもむなしく、変化なし。それで宴会はキャンセルしてしまいました。更に、土日は寝て快復に努めることにして、月曜になっても治ってなかったらさすがに医者に行こう、と決めました。

そして月曜の朝。ひたすら寝ていたにもかかわらず、むしろ体調は悪化していました。前の日までは熱もなかったのに、この朝は 37.6℃。それで医者に行ったわけです。

インフルエンザや他の変な病気ではなく、普通の風邪でしょう、というのが診断でした。で、出た薬は予想通り、抗生物質(抗菌剤)、去痰薬、解熱鎮痛薬、胃薬。それにセレスタミン(抗ヒスタミン薬+ステロイド)。うーん、これじゃあなあ。痰は透明なのだから細菌性ではない風邪ということで、抗生物質は無効だし、それ以外は対症療法じゃないですか…。去痰薬以外は、自分で飲んでましたよ…。そりゃ、医者の薬の方がキレがいいのは確かですけどね。

2年ほど前、1週間薬を飲んでも治らなかったときは、マイコプラズマに効くタイプの抗生物質を出してくれて、そこからやっと病状が好転して3日ほどで治ったことがありました。既に1週間苦しんでいるのだから、そのあたりを疑って欲しかったなあ。この5日分出された薬で治らなかったら、その時に初めてそれを疑う、という感じなのかな。それならもっと早く医者にかかっておけばよかった。

というわけで今日も体調は戻ってなかったのですが、今日は学生からのレポート受取指定日だったので、休むわけにも行かず、強行出勤。ほとんどの学生は授業時間開始前から待っていて、そのまま提出して帰ったのですが、遅れてきて出す学生のことも考えて、90分教室で待機していました。実際、残り20分ほどで持ってきた学生もいました。その間、恐らくは去痰薬のおかげで却って咳がゲホゲホ。更に抗ヒスタミン薬で抑えられているはずなのですが、豪快なくしゃみもやたらと出ました。

仕事を終えて帰るときにはさすがに寒気がしました。今日の出勤はやむを得ないことだったとは言え、多分このせいで治るのが3日ぐらい遅くなる気がする…。明日の教授会は休もう。

授業も終わってしまったので、今は息子にうつしてしまうことだけが心配です。もっとも、2~3日前は鼻水を出していたのが、今は軽快方向なので、すでにうつって、治りかけているのかもね。そうだといいのだけど。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。