So-net無料ブログ作成

出生後の手続き(2) [育児]

今日は夏休み前に職場に行く最終日。長男を僕の扶養に入れる手続きをしてきました。何と、10分ほどで健康保険証がもらえてびっくり。

2009-07-21 001s 

あとは、地元の自治体に、医療費補助(えーと、何歳まで無料だったかな)の申し込みをするとか、相方が多分地元の母親学級で言われたこととして、生まれたら(多分保健所に)届けてください、と言われているようなんだけど、それは相方が息子を連れて帰ってきてからの話ですね。


共同研究者の指導学生から来た仕事。 [仕事]

合成音を母音図にプロットするのはつらい仕事だなあ。

フォルマントがブザーに分離して聞こえてきてしまう。それでも何らかの「音質」らしきものは感じられるんですが、それはいくつもの音を比べるからそう感じるのであって、出し抜けに1つだけ聞かされたら、単なるブザーを重ねた音にしか聞こえないと思う。

これ、合成音の作り方に問題はないのかなあ。技術的なことはよく分からないけど、声道が柔組織であることによる音の減衰が考慮されていないような気がする。それがあるから、フォルマントに幅ができるのだと音響音声学の入門書で読みました。

歯の治療 [健康]

今から10日前の9日木曜日の朝、ふと気づくと、左下の親知らずの虫歯の治療の跡にぽっかりと穴が空いていた。どうやら、眠っている間に詰め物が取れて、(多分)飲み込んでしまったようだ。

以前通っていた駅近くの歯医者は確か木曜日が休みだったな…などと思っていたら、やはり駅近くにある医療機関限定のビル(去年の秋オープンというタイミングが悪く、地下1階地上3階のビルのスペース8つだったかのうち、まだ2つしか埋まっていない!)に5月にオープンした歯医者が夜9時までやっていることを知り、8時半頃飛び込みで治療してもらうことにした。

レントゲンで見てもらったところ、詰め物が取れたところは、詰め物の周りが虫歯で溶けたために取れてしまっただけで大したことないが、左上にひどい虫歯がある…ということだった。詰め物が取れたところは、虫歯部分を削り取って仮詰めをして、左上の方を治療しに通ってください、という話になった。

詰め物が取れた親知らずの方は、その前数日間、ツルンとしていたはずなのに食べかすが引っかかっておかしいなと思っていたのでそれは納得。左上の方は、そういえば数年前にひどくしみたことがあったっけ…と思った。それに、前の歯医者では何本も虫歯を治療していて、また次という予約をすっぽかしてしまい、そのまま通うのをやめてしまったんだったな。それで治療しそびれたのがそのしみた歯で、それが悪化して発見されたということか…。

それで、2回目の通院が17日金曜日。左上の歯の拡大写真を映像で見ながらの説明で、2本の歯の境目に、それぞれの歯を浸食する形で丸く穴が空いていた。その後の治療中に 4番、5番とか言っていたので、第1、第2小臼歯だということが分かった。ありゃ、結構前じゃないか…。しかし、やっぱり新規開業で若い院長だけあって、説明が丁寧だ。前通っていた歯医者さんは、どの歯がどれくらい悪くて今どれを治療しているのか全然言ってくれなかったので、なんだかよく分からなかったんだよね…。分からないから、危機感を持って通えなかったような。

一応麻酔を打って治療開始。写真でどの程度の虫歯か分かるので、どれくらいで削り終えられるかな、という見当を付けていたのだけど、相当削っているはずなのに終わらない。かなりやった後で、改めて削った後の写真を見ながらの説明が始まった。

見ると、真ん中の歯は端から端まで溝が掘られて、それは反対側の歯(犬歯か?)にまで食い込んでいた。曰く、削っても削っても虫歯の部分がなくならない、以前すごくしみたけどその後感じなくなったということだが、それは恐らく、中で神経が死んでしまって感じなくなり、一方で虫歯は更に進んだようだ…と。

つまり、第2小臼歯は、横からの虫歯が、噛み合わせ部分は無事なままで反対側までトンネルのように虫歯が進んで貫通してしまい、中は全部ダメになったということ?うーむ、噛み合わせ部分は無事なのに、全部掘らざるを得なくなたということか…。歯を磨いていてもどうしようもなかったという訳ね。

その後はアニメで治療の仕方の説明。中で神経がミイラになっているので、そこから感染が起きないように、根の先まで全部神経を取ってから詰め物をします、と。その後は、ドリルややすりではなく、何か小さなへらのようなもので中身を掻き出しているような、そういう感じの治療になった。

そうして仮詰めをしたところで今回の治療は終了。

問題の僕の歯は、外側のエナメル質・象牙質だけ残して抜け殻になってしまったというわけだ。しかし、根の先まで神経を取るなんて、ずいぶんと細かい治療で、僕は初めてだ。もしかして、これは一昔だったら抜かれてしまってもおかしくないような状態だったのかもな…と思った。右上にも、一度詰め物をしたものが取れた結果、上半分はダメになったけど根はしっかりしているからということで、金属の芯を入れてその上の後ろ半分は金属、前半分は見栄えを考えて硬質レジン、という治療を受けた歯があるのだけど、この歯も根は九死に一生を得たのだね。

あと最低4回は通うことになりそうだな…。夏休みで良かったのか悪かったのか。


タグ:治療 虫歯

combiディアクラッセXY-700 [育児]

ベビーカーは子供が無事に生まれるまで買うのを我慢してたのだけど、生まれたので満を持して購入、昨日自宅に届きました。

国内最大手コンビの今年のフラッグシップマシン。写真上の対面式と、一般的な前向きを切り替えられて、それに対応して方向転換のための車輪も切り替わるというギミックが自慢です。(確かに他のは車輪が切り替わらないので対面式で曲がりにくいなどの問題が感じられました。)

どこで買っても値引きは一切ないということで、ポイントが高くつくステータスになっている西武でカタログ注文したのでした。さわるのはベビーザらスで十分やったしね。早く使いたいなあ。生後1ヶ月から使用可なんだよね。
090717-202124.jpg090717-202429.jpg

出生後の手続き(1) [育児]

当然、出生届は済んでいて、住民登録されたという通知が来たところ。これが生後初めてもらった郵便物ということになるね。

今日は、息子を僕の扶養に入れる手続きのための必要書類集めでした。住民票は問題なし。少し面倒かな?と予想していたのは、相方の収入証明。要するに、僕と相方のうち収入が多い方の扶養に入れるってことで、僕になるんだけど、僕の職場(とその健保組合)がそれを確認するために必要なんだね。

まず確定申告書の写しは、相方は確定申告をしていないから無し。源泉徴収書は、確定申告をしないからどこに置いたか本人すらわからない(捨てたかも)。

という訳で、住民税の課税証明書を取るか、相方が職場に証明書を出してもらうかのどちらかとなり、いまだ里にいて本人が請求できないけど、住民票のついでだから課税証明書を請求してみました。あっさり交付。この目的で家族が請求する分には委任状すら要らないんだね。

あとは子供の医療費補助制度(僕の住んでいるところでは15歳まで無料)の申請だけどこれは母子手帳が必要なので相方と子供が帰ってきてからになるね。

児童手当とかは収入要件に引っかかって、何人目であろうとうちはもらえないんだね…。初めて知った。まあ、認可保育園の費用も少ない家庭の5倍以上だし、この辺に関して公的補助は期待してはいけないってことだね。

しかし、相方の収入を初めて見て愕然としたな…。僕の3分の1とは。これから育休に入るとはいえ、仕事してた時はフルタイムで結構大変そうだった。僕の方が「仕事」量ははるかに少ないのに、世の中は不公平にできてるね…。でも家族のために僕は堂々ともらうけど。
090717-163922.jpg

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。