So-net無料ブログ作成

イスラ・ムヘーレスの景色 [旅]

虹の写真をアップしたあと、考えてみたら、新婚旅行のときの写真を、ろくにこのブログにアップしてなかったのに気付きました。イスラ・ムヘーレスに行ったときの記事はこれですが、写真が全くありません。もう9ヶ月も前のことですが、埋め合わせに写真をいくつか載せます。

イスラ・ムヘーレスでのレンタル・ゴルフカートですが、助手席から前を見るとこんな感じです。普通の乗用車と同じく公道を走れます。運転免許は必要ありません。スピードも出ませんけどね。

2008_0901IslaMujeres0014

島の港の様子です。

2008_0901IslaMujeres0012

次は、シュノーケリングをした場所です。このときに熱帯の太陽を甘く見て日焼け止めを塗らなかったために、2人とも完全に火傷と言ってもおかしくないような激しい日焼けになり、そのあと2日間ぐらいは大変でした。

2008_0901IslaMujeres0019

 

島には、イグアナが当たり前のようにあちこち歩いています。

2008_0901IslaMujeres0029

これは、島の中心街にある広場。屋台のタコスはこの近くで買いました。

2008_0901IslaMujeres0042 

しばらく、話の種がないときは、新婚旅行の写真を載せていこうと思います。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

僕の見た虹 [旅]

いつもブログを読ませてもらっている方が虹の写真をアップされていたのに刺激されて、僕もアップします。去年の9月はじめ、新婚旅行でメキシコのイスラ・ムヘーレスに行ったときに見た虹です。

2008_0831IslaMujeres0029

あの時は、大きなハリケーンが接近中で、行っても大丈夫なのだろうかと気を揉んだりもしたのですが、ハリケーンはキューバの方へ逸れてくれて、僕らは助かりました。(キューバは大変なことになっていましたが。)恐らくは、この虹は、そのハリケーンのおかげで見えていたんだと思います。薄くて、よく見ないと分からないのが残念ではありますが、思えば、あれ以来、虹を見ていないような気がします。

この新婚旅行の経路は、出国→サンフランシスコ→(カンクン)→イスラ・ムヘーレス→カンクン→シカゴ→帰国というものでした。サンフランシスコとシカゴは、航空会社の都合でアメリカを経由しなければならないから入っているだけで、メインはカンクンとイスラ・ムヘーレスだったのですが、(それでも、特にサンフランシスコはしっかり観光しましたが、)カンクンが、ほぼアメリカ人のために作られたと言っても過言でない巨大リゾートなのに対して、そこから船で20分の島であるイスラ・ムヘーレスは、ひなびた感じが好ましかったです。この島の、とても衛生的とは見えない屋台で買ったタコスがおいしかったと、相方も言っています。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

久々の独り暮らし [交友関係]

相方が里帰り出産のために石川県の実家に行ってしまったので、しばしの独り暮らしに入っています。相方が、結婚できるかどうか見極めるためにという感じで僕の家で暮らし始めたのが一昨年の7月ですから、ほとんど2年ぶりになります。

思えば、2年前は、まだ病気をうまくコントロールできていなくて、そのために生活のリズムもコントロールできず、仕事に穴を開けたりして、結果的に4月から1年間の自宅療養を余儀なくされていたのでした。そんな中、出会ったのが今の相方ですが、病気が原因で仕事を休んでいて、将来どうなるか分からないような僕を、本当によく受け入れてくれたものです。その後僕が仕事に復帰して、結婚を決めたときも、「仕事が休みだったおかげで、(自分が仕事してないときは)いつも一緒にいられたのがよかった」とまで言ってくれたのです。

相方と一緒に暮らし始めたことで、それまでメチャクチャだった僕の生活リズムも安定に向かいました。朝はやっぱり、仕事のためにいつも決まった時間に起きる人がいれば、その動きに釣られて僕も起きます。一緒に暮らしている以上、朝食も一緒に食べるから、その点でも朝起きるリズムが出来ます。もっとも、相方が仕事に出かけた後は、調子が悪くてまた寝てしまうことの方が多かったのですが、夜は夜で、「一緒に寝床に入らないと寂しい」と言われるままに、その日のうちに寝るというリズムが出来ました。

もっとも、1年間仕事を休んだことが僕の身体に与えた影響は大きくて、何よりも体力が落ちていました。去年4月に仕事に復帰したものの、1日の仕事が終わるとヘトヘトで、生活のリズムはできていたものの、体力が持たなくて仕事を休んだ日も少なくはありませんでした。そのおかげで、「未だ完全復帰とは認めず」ということで、在外研究は先延ばしになり、委員会などの校務についても、完全に復帰させられるには早い、要するに信用が置けない、という声がこの3月まで聞こえてきました。そこを何とか、いつまでもこの状態では嫌だ、早く完全復帰したいと押し切ったのがこの春です。

体力はかなり戻りました。1日の仕事の後ではヘトヘトということも、今のところありません。もちろんこれは、子供がもうすぐ生まれるということで、気持ちに大きな張りが出来ているということも理由でしょう。もはや、壊れている余裕などないのですから。

相方のいない家で独り暮らしをするのはとても寂しいです。仕事の後で帰宅する喜びが著しく欠けています。でもこれは、僕が自己コントロールを完全に取り戻したことを確認するための試金石のようなものだと思っています。これを乗り切れば、順調に行けば、家族が1人増えて戻ってきます。出産後相方が帰ってくるのがいつになるのか、今のところ未定ですが、(向こうで1ヶ月健診を受けた後になるのは確かですが、出産の時期によっては、僕がこれから応募する海外学会の時期とぶつかる可能性があるので…)、それを楽しみに、緊張感を持って暮らしていくつもりです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ベビーベッドの組み立て [生活]

買ってから2週間ほど置きっぱなしにしていたベビーベッドを組み立てました。子供がちゃんと無事に生まれてくるかどうかは蓋を開けてみるまで分からないので、ちょっと気が早いよなーとは思うのですが、今日から相方は里帰り。予め組み立てておく方が良いのは当然で、1人では組み立てるのが難しいだろうと思って、相方に手伝ってもらいながら組み立てました。

2009-05-23 003 

あっけないほど簡単に完成。驚くほどシンプルな作りです。作ってみてから分かったのは、これが寝室のドアを通らないということ。作業スペースのことを考えてリビングルームで作ろうかなんて話もちょっと出たので、多少狭くても寝室の中で作っていてよかったと思います。

ベビーカーはまだ買ってません。生まれてから里にいる間は必要ないだろうということで、無事生まれたのを確認してから買うつもりです。しかし、親バカアイテムの代表格であるビデオカメラはもう注文してしまいました。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

新しいデスクトップPCを注文 [インターネット]

記録を見ると、前回デスクトップを買ったのは2005年11月15日。デルの Dimension 5150C(Pentium D 3.00GHz、メモリ2GB、HDD230GB)で、まだウィンドウズはXPの時代でした。

ところがこのマシン、それまで便利に使っていた「休止」機能(ハイバーネーション、作業状態をHDDに保存して電源を落とす)がうまく機能せず、「スタンバイ」では停電時などが心配なのでサポートに問い合わせたのですが、ソフトや周辺機器を一つずつ外して確認するようにという面倒なことを言われて「えー、面倒だよ」とげんなりしているうちに Windows Vista がリリースされたので、OSを替えれば解決するものと期待して、ほとんど様子見をせずにこれを2007年1月に導入しました。Vistaには「休止」がなく、XPの「休止」と「スタンバイ」を組み合わせた形の「スリープ」に機能が置き換わっていましたが、問題は解消し、世の中ではVistaを嫌う声が多かったようですが、僕は問題なく使っていました。

しかし主としてデジカメや音楽のデータが多くなったせいで、1年ぐらい前から、HDDの空き容量が50GBを切ってしまい、残り容量を気にしながらの運用が続いています。今現在の残りは41.5GB。そのせいなのかどうなのか、今年に入ったあたりから動作が重くなり、アプリケーションが「応答なし」になることが非常に頻繁になりました。多くはただ単に処理にあまりに時間がかかるために応答していないものと Windows が勘違いしている感じだったのですが、ここまで頻繁になると、僕自身の生産性にかなりの悪影響を及ぼしています。サクサクと作業したいのに、PCの処理を待つ時間がとても長くなってしまいましたから。

Windowsエクスペリエンスインデックスは3.1(プロセッサ4.8、メモリ5.2、グラフィックス3.1、ゲーム用グラフィックス3.2、プライマリハードディスク5.4)なので、グラフィックスボードを追加してしのごうかとも一時は思ったのですが、もう3年半も使っているので、新しい速いマシンに替えてしまっても罰は当たるまい、と腹を決めた次第です。本当は、秋に出るらしい Windows 7 まで何とか誤魔化し誤魔化し使い続けたかったのですが、職場で今年の初めに新調したPC(こちらは、2000年に買ったWindows 98 SE マシンからの置き換え)との落差があまりにも大きくて、生産性低下が余計に厳しく感じられているというのも動機になっています。

それに、もうすぐ息子が生まれる予定で、それによって生活が一変して、PCの置き換えという、かなりの手間がかかる作業をするゆとりがなくなるかも知れないと思ったのも、今買うことにした理由に含まれるかな。

相方は今週木曜からの産休を週初めからに切り上げて既に仕事を休んでいます。新型インフルエンザ騒ぎもあったので、結果的に早めて正解だったねと話し合っています。今日が東京での最後の検診で、明日は里帰り出産のために石川に発ちます。僕ももちろん、送り届けに一緒に行きます。これから、少なくとも生まれた後の1ヶ月健診のあたりまでの2ヶ月前後は相方は石川で過ごし、僕は独り暮らしになります。寂しいのでほぼ毎週末に会いに行くつもりです。休みがつぶれて生活は結構きついものになりますが、まぁ、家族の絆のためなら何のこれしき、という感じですね。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。