So-net無料ブログ作成
検索選択

erikuo @南青山MANDALA [ライブ音楽]

大橋エリさんのサイトで前から情報は知っていたのですが、今月初めにmixiで彼女から直々にお誘いがあり、その時点では当日付近の相方の体調がはっきりしないけど…と思いつつ2人ということで予約しました。

相方は肋骨は痛いし疲れやすくて大変ではあるのですが、

TO-MU-KO  ELEMAND-MU(E.Mandolin) Tomoko(Vo,Pf,Irish-Harp)
erikuo 大橋 エリ(Marinba) 後藤 郁夫(G)
Lips 鈴木 真為(箏) 古川 はるな(Fl)

という、珍しい楽器揃いのプログラムに興味を持ってくれて、無事に参加してくれました。もっとも、相方は11時には寝ないときついので、最後に出演の Lips はパスして帰らざるを得ず、エリさんたちにも挨拶する時間がなくなってしまったのですが…。

erikuoは2番目の出演。1番目のTO-MU-KOのステージが終わって舞台転換の時に、驚くことがありました。バーカウンターから生ビールを2つ持って通りかかった女性を見て、大学時代からの友人Yさんだと言うのです。えっ?ビールを運んでいるのだから店員さんじゃないの、そんなはずは…と思っていたら、相方が直接話しに行って、確かに本人でした。単に一緒に来たグループ(7~8人?)の飲み物を自主的に運んでいただけだったようです。何でも、TO-MU-KOのマンドリン担当の男性に仕事でお世話になっていて、会社で来たんだということ。しょっちゅう会っている友人とはいえ、こういう場所で偶然に会うなんて、世界は狭いですねー。

そういった驚きの後での erikuo のステージ。ステージが広いからか、いつもよりも大きなマリンバで登場でした。曲目は、

  1. Annie-Zette
  2. 小さな天使
  3. Gemination
  4. I got rhythm
  5. The wind in April
  6. 第3の男
  7. Mountain Top

2曲目の「小さな天使」は、女性とそのお腹の中の胎児を表現したんだということでしたが、とてものどかな曲でした。エリさんの妊娠・出産はこんな感じだったのかな。僕のところの胎児は、相方の報告でも、僕がお腹を触っての印象でもかなり暴れてるんで(男の子だから無理もない?)、結構雰囲気が違います。そんな話もエリさんとしたかったのだけど…。

僕的にいちばんお気に入りだったのは、最後に演奏された、後藤郁夫氏作の「Mountain Top」。格好いいジャズ風のナンバーでした。でも彼はベネッセの幼児アニメ「しまじろう」の音楽も担当しているんだとか。今度見てみようか。

南青山MANDALA


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Googleブック検索との和解 [社会]

僕が本を出している出版社の一つから、「重要なお知らせ」が送られてきました。何かと思ったら、

http://books.google.com/intl/ja/googlebooks/agreement/
http://www.googlebooksettlement.com/

の和解に参加しないなら5月5日までに行動を起こさなければならない、という通知でした。Googleブック検索が著作権違反だとして、アメリカでGoogleと一部の出版社・著者が争っていたものが、条件付きでGoogleがデータに本を取り込む権利を認めるという和解になったのですが、これは集団訴訟と認定されたため、裁判に参加していない出版社・著者にも効力が及ぶし、国際条約の関係で、アメリカ以外の出版社・著者も同様の扱いになるのだそうです。

うーむ、一部の関係者との裁判だけで全員が影響を受けるというのは何とも納得しがたい話ですが、しかし、じゃあ僕自身、このサービスのことを知って自分の権利を守るために何かをしたわけではないのだから、ただで著作物を取られてしまうのを食い止めてくれた原告団(?)にはむしろ感謝しなければならないのかも知れません。

その会社では、検索して調査した結果、著書が既にスキャンして取り込まれてしまっている著者に対してこういう通知を行うことにした、ということでした。 和解に参加しないで個人で争うという選択も、5月5日まではできるからです。

他にも僕が著作権(の一部)を持っている出版社はありますが、通知してきているのはこの会社だけです。もしこれがなかったら、何も知らないままに和解内容が執行されてしまっていたわけですねえ。

僕には個人でGoogle相手に裁判をするほどの余裕はないし、いち研究者としては、紙媒体の本の内容が全て電子的に検索できればそのメリットは計り知れないので、和解には従うしかないかな…と思います。一応、対価を受け取るしくみにはなるみたいですし。

しかし、色々な本・著者をブック検索で調べてみて、結果画面(一覧)で見える「概要文」の漢字がやたらと間違っているのが目に付きました。間違いと言っても変換ミスではなく、OCRの認識ミスっぽいものです。

こんなことでは、折角のサービスが実用性に欠けることになるので、やるなら厳密にやってくれ、と言いたいですね。あるいは、将来的には、出版社の方から進んで電子データを提供するという展開もあるのかも知れません。いずれにしても、「本」という形態が揺らいでいるのは確かですね。


Windows Live Messenger の不可解 [インターネット]

朝起きてPCを開いたら、Windows Live Messenger に、インスタントメッセージが届いていた。差出人はmessenger@microsoft.com。次のような内容だ。

サービスに関する重要なお知らせ : 最近行われたシステム強化の一環として、引き続き Windows Live(TM) Messenger Service にサインインするために、お客様に電子メール アドレスを変更していただく必要があります。 引き続きサービスをご利用になるには、http://support.microsoft.com/gp/Messenger/jaアクセスしてください。詳細についても、こちらでご確認いただけます。

指示されたとおりに上記のページにアクセスし、説明を読んだ上で「ここをクリックして、サインイン ID を変更します。」のリンクを開いたが、サインインIDの変更を行うページに行けない。

オンラインヘルプで「Windows Live ID を変換する、または名前を変更する」を参照したら、

Windows Live ID を変換するには、以下の操作を行います。
   1. Windows Live ID のサインイン ページで、[次のアカウントでサインイン] メニューの [パスワード] をクリックします。
  2. [Windows Live ID の変換または変更] ページで [変換] をクリックし、画面の指示に従って Windows Live ID を変換します。
Windows Live ID の名前を変更するには、以下の操作を行います。
   1. Windows Live ID のサインイン ページで、[次のアカウントでサインイン] メニューの [パスワード] をクリックします。
   2. [Windows Live ID の変換または変更] ページで [アカウントの変更] をクリックし、画面の指示に従って Windows Live ID を変換します。


とあったので、試してみたが、僕のサインイン画面には「次のアカウントでサインイン」メニューが存在しない。メッセンジャーのサインイン画面にもそういうものはない。

何をしたらいいのか分からず、最初にメッセージを寄こしたアドレスに問い合わせようとしたが、オフラインなので電子メールの送信になった。ところが、ここからは

This is an automatically generated Delivery Status Notification.
Delivery to the following recipients failed.
       messenger@microsoft.com

というエラーが返ってきた。仕方なく、オンラインのフィードバックから同じ問い合わせを送ったが、これは個別に返事はもらえない。それ以前に、サーバーへのアクセスが何度もエラーになり、混雑している様子がうかがえた。

仕方なく、最初の http://support.microsoft.com/gp/Messenger/ja をもう一度よく見たら、末尾に、「最終更新日 : 2006年7月23日」とあった! 3年も前のページだ。

僕が受け取ったのはスパムメッセージだったのだろうか? それなら、フィードバック用のページへのアクセスがなかなか成功しなかったのも頷ける。それにしても、一体誰が何の目的で?マイクロソフトへの信頼を失わせよう、問い合わせ集中で業務を妨害しよう、そういうものだったのだろうか? だとしたら、僕は信頼はともかく、業務妨害の片棒を担いでしまったことになる。

今は、しまった、早まった…という気持ちだ。


ベビー用品の検討 [生活]

相方の妊娠も8ヶ月目に入ったので、そろそろ、生まれてくる子のための準備を始めなきゃということで、ベビー用品を買い始めています。(その前から、部屋の整理とかで準備は進めていたわけですが。)今日は、まずは馬事公苑で花見+昼食にしました。

2009-04-04 013

そしてその後、港北ニュータウンにあるベビーザらスに行きました。乳母車(って古い言い方か…ベビーカーかな)はどれがいいかとか、ベビーベッドは買うかどうか、買うならどういうのにするか…などを検討しました。ベビー服も何枚か買いました。あと、相方が初めて「気に入った!」と言ってマタニティワンピースを買いました。こういう品揃え豊富な専門店って、都心だと却ってないんですね。 西友で見た時は、マタニティドレスはろくなデザインがないと嘆いていたんですが、これだけでも郊外まで行った甲斐があったというものです。

ベビーカーに関しては、combiのディアクラッセXY-600という最新モデルでほぼ決定。あれを見て触ってしまうと、他のものが貧相に見えてしまいます。最近流行りらしい3輪バギーも見たけど、いまいちかなという感じだったし。

ベビーベッドに関しても、レンタルという手もあるけれど、最初の子供から変にケチりたくないので、買うことにしました。結果的に要らなかったとしても、値段は大したことないし、部屋のスペースに余裕がないわけでもないので。でもどういうのにするかはまだ検討中です。普段世話するためには床面が高い方が腰に負担がかからないのだけれど(台所のシンクと同じですね)、夜中に目覚めて母乳をあげなきゃならない場合はベッドの脇にベッドと同じ高さで取り付ける低いタイプの方が有利。(添い寝だと寝返りでつぶして窒息させてしまう危険があるので、同じベッドに添い寝は×です。)でも、その有利さがあるのは母乳の場合だけで、母乳が出なかったりしてミルクにするならベッド脇に取り付けてある必要はない…。

最終的には、5月の連休あたりに買うことになるのかなあ。相方は5月末から里帰り出産でいなくなってしまうから。

ベビーザらス(港北ニュータウン店)


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。