So-net無料ブログ作成

就職活動中の学生と新卒採用活動中の企業に告ぐ! [社会]

3月は卒業の季節ですが、僕のような者にとっては、自分の手で卒業を阻む羽目になってしまう可能性のある季節でもあります。

今の職場では基本的に1~2年生しか教えないので、そういう可能性は減っているはずなんですが、必修科目にもかかわらず、単位を4年まで取り残してしまう学生が結構いるのも事実。4年では済まず、5年、6年、中には瀬戸際の8年なんてのもいます。理解できないのは、そういう学生たちの出席状況が良くないこと。いや、ほとんどは全然顔を出さないという方が正確です。いったい何を考えているのか?たとえ試験だけ出てきても、授業6割試験4割で点数を付けることは公表してあるので、当然不可を付けることになります。

別の大学に勤める友人の話では、卒業年次の学生の中には、必修科目が複数開講されている場合、入れられるところに片っ端から入れてしまうのがいるらしいです。それで保険をかけた気になって、どれにも出ないことが多い、と。 確かに、卒業年次生は人数は多くても出席しないだけでなく、試験も受けないのがかなりの割合を占めるので、他の同じ科目で取れそうだから捨てたのかな、と解釈できます。

僕の今回の件はその裏返しでしょうか。試験だけ受けてきた学生ですが、卒業発表で自分の名前がなく、慌てて僕宛てに懇願のメールを送ってきました。曰く、就職がなかなか決まらず、しかも脳の病気(メンヘルのこと?)に苦しめられてあまり出席できなかったが発表は何度かした。ひょっとすると出来が悪いから発表したと数えてもらえていないのかも知れない。就職は決まって研修も始まっているので卒業できないと困る。父が病気で働けないので、家計を考えると卒業できない場合大学をやめてフリーターになるしかないかも知れない。病気については診断書の画像を添付します。……そうした上で、大学事務室から「成績調査」の依頼をしてきました。

ちょっと待ちたまえ。事実に誤認がある。僕の記録では、君は1回も発表していない。出席者が少ない授業なので、毎回名簿は1周以上するけれども、呼んだときに返事がなかったからだ。たまたま1周に満たなかった時にいたのかも知れないが、僕の認識では、君は最初の登録カードを提出する時と最後の試験にしか来ていない。そもそも、平常点は発表だけを対象に付けると公表してある。しかも、他に事情で出席が思わしくない学生で単位を取りたい者は大抵、来た時に「課題を出して頂けませんか」と願い出てきており、本当はそんなことをする義理などないと思いつつ、最履修者専用という科目の性質を考慮して課題を出している。君だって、授業に来たことがあるのならそれくらいできたはずだ。

そんなわけで、と言うより、成績調査はあくまで調査であって、成績変更願ではないので、点数の付け方に間違いはなかったか確認した上で、説明欄があったので、そこに何故不可になったのか説明をして返送しました。(因みに、成績変更を行う場合は、試験答案とか出席状況・平常点の記録などの「物的証拠」を大学に提出する必要があります。) 学生からは、前期の試験は確かに受験した、納得できないというメールが再び来ましたが、返事はしませんでした。それまでのメールにも返事はしていません。事後でも交渉可能だという印象を与えてはいけないし、試験を2回とも受けて両方満点だったとしても、40点にしかならないことを改めて説明する責任などこちらには無いからです。

僕は過去に、僕の科目を落として卒業できなかった学生に、自宅まで来られたことが2回あります。そのうちの1回は、本人だけじゃなく、九州から上京してきた父親の相手までする羽目になりました。1994年の3月のことだったでしょうか。僕はまだ20代で専任の職もなく、父親から「このおかげで息子の人生は目茶苦茶になる」と言われて返す言葉がありませんでした。確かに当時は前回の就職氷河期の真っ只中で、折角就職が決まっているのに、と気の毒に感じたのは事実です。でも、成績を付ける時は、卒業年次だからといって色を付けることはせず、点数が取れない学生には普通に不可を付けるという、当然のことをしただけです。そもそも、卒業に必要な単位を揃えるのは学生の責任なのに。僕に言われても困る、大学で正規の手続きを取れば対応する、と言って引き下がってもらいました。恐らくその大学にはそういう学生を救済する手続きなどはなく、その学生は留年しました。そてい、あろうことか翌年も僕の科目を取ってきましたが、何とかその年は点数が足りて卒業していきました。

もう1回は、本来1年で取るべきその科目を3年の時に僕のクラスで取って出席(発表)不足/皆無で落としていた学生でした。4年でも僕の科目を取り、前期は全く出席せずに試験の時に来て「何とかしてもらえませんか」と言ってきました。後期を全出席などして頑張ればまだ点数は足りるはずだから、と僕が答えたにもかかわらず、後期も顔を出さない。そして恐らく、就職の内定が取れた11月になって初めて現れて「何とかして下さい!」と訴えてきました。しかし、もう遅い、どうやっても点数は足りないだろう、でも、だからといって授業に出ないと英語力が落ちて翌年の合格も危うくなるだろうから授業に出ることだけは認める、そんな対応をしました。

その学生は、その後はきちんと出席し、内容的にも頑張っていたと思います。だから、不公平にならない範囲で何とか単位を出せないか、色々な要素の点数配分を公表しているものに矛盾しない範囲で操作したり、100点満点は変わらない方法で平均点を高くなるような計算をしたり(平方根を10倍、つまり81点→90点、64点→80点、49点→70点、36点→60点、25点→50点、のようにしたり、それでは上げすぎだと思ったらそれと素点の平均を取ったり)色々工夫して、それは同じクラスの受講者全員が影響を受けるわけだけれども、そういうことをした結果、やはり無理だというわけで不可を付けたわけです。

既に単位は出せないと断言したわけだから、それ以上懇願される理由など無いのだけれど、自宅にやってきて「私、卒業できなかったら何をするか分かりませんよ」と半ば強迫まがいのことまで言われて、何て因果な商売だ…と思ったものです。

それもこれも、結局は就職活動のために学生がろくに大学に来られないという状況が生み出していることだ、というのが実感です。あるいは、学業よりも就職を上に見る風潮もです。昨日の朝日新聞朝刊の「私の視点」で、拓殖大学の先生が、3年次から就職活動が始まることを取り上げて「良い人材を早く確保したいという企業側の思惑が大学から人材育成の時間と機会を奪い去り、企業は期待外れな新人を嘆く」と書いていますが全く同感です。大学、ひいては教育に注文を付けるだけ付けておいての企業のこの行動は、二重基準だと言わざるを得ません。『就活のバカヤロー』という新書が最近出ましたが、正にそう叫びたい気持ちです(その本自体の内容は、期待したほど「バカヤロー」と言っていない歯切れの悪さがあるのですが)。

その拓大の先生は、大部分の学生は就職活動を事実上3ヶ月ぐらいで終えているので(それにあふれた一部の学生が延々と就職活動を続けることを強いられるのが、この記事で書いた悲劇の元ではあるわけですが)、就職協定復活にあたり、内定解禁は4年次の1月、つまり卒業の3ヶ月前にするべきではないかと提案しています。これは僕の学生時代の10月1日と比べても大幅に遅く、昨今問題になっている「内定取り消し」が起こりにくいという利点もあるわけですが、これだと4年の後期、つまり学業の締めくくりの時期が就職活動で死んでしまいます。10月1日というのは夏休み中に就職活動をすること前提にしていて、フライング企業が出ない限りは合理的な日程だったと思うのですが、現状が続くようならいっそ、欧米の一部の国のように、卒業した後で初めて就職活動をはじめる、つまり新卒採用という枠組みを無くすくらいの荒療治が必要になるのかも知れません。

長々と書きましたが、言いたいことは、企業よ、学生を教室に返せ!ということと、学生よ、学業を就職より下に見るのならいっそ大学などやめてしまえ、学業をきちんとやって卒業したということが前提となっての就職なのだということを肝に銘じろ、ということです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

本棚購入 [生活]

出産を前にした、家中の模様替えと不要品処分が続いています。ただ、明らかに言えることは、棚の類が少なすぎて本を収容しきれないこと。僕の仕事の本も問題ですが、それ以外の本や、相方の本を入れるのが、リビングの入口脇に置いてある本棚しかなく、これが、幅75cm×高さ130cmと小さすぎるために、相方が前の家に残してきた荷物が届く前からあふれかえっていました。それをまずは解決しようと、幅80cm×高さが上置きと転倒防止の突っ張りを含めて天井(約2.5m)まで届くスライド書棚を買い、連休最終日の今日届く設定にして、入れ替え作業をしました。結果がこの写真です。

2009-03-24 001

収容力倍増ですから、さすがにたくさん入ります。相方はこれを機に、寝室のベッドの横に雑然と積み上げてあった本も持ってきてこれに入れました。

因みに、左側ドアのガラス越しに見える段ボールは、廊下に置いた相方の荷物で、あと5個分残ってます。更に、僕自身の段ボールも7箱(うち2箱は廊下に作り付けのドア付き埋め込み棚を2つ占有)あるので、まだまだ先は長いです。

今日はこのほかに、CDを取っておくものと売り払うものに分けてブックオフへ出張買い取りの予約をしました。このためには心を鬼にしなければなりませんでした。本当に思い入れの深いものは一部ですが、そうでなくてもたまには聴きたいものもあるし、ボーダーラインにあるものをどうするかは、相当の思い切りが必要でした。これからは、ダウンロード販売で済むものはそうするという割り切りも必要でしょうね。インディーズ系の一部は、ダウンロードが期待できず、CDを買うしかないから悩ましい。CDを買う場合は、その分新陳代謝させることも考慮しなければならないのでしょう。

それにしても、1泊2日の旅行で疲れた翌日に、2人ともよくぞこれだけ働いたものです。はあ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

両親学級 [生活]

今日は、子供の誕生を控えた夫婦を対象とした「両親学級」が地元の自治体で催されたので参加してきました。1週前には母親だけの「母親学級」があり、相方はそれにも行ってきたのですが、今回は僕も一緒です。

平日の昼間なので、春休み中の僕は問題なく参加できましたが、やはり参加した父親候補生は少なかったです。まあ、主立った趣旨は、赤ちゃんの扱い方を習うというのももちろんだけれど、近所で同じ時期に出産する母親のネットワークを作って、一人で悩まずに済むようにするというものなので、それほど大きな問題ではないのかな?事実、少なかった他の父親との交流をする余裕はなかったですねえ。

実物大・重さの人形を使って、おむつを替えてみたり、お風呂に入れてみたり…というメニューでした。これはお風呂に入れた後の記念写真。

2009_0319parenthood0002mosaic

父親向けには、腹に重りを着けて「妊婦はどんな感じか」を体験、というのもありました。これは確かに結構重い。一度腰を下ろしてしまうと、立ち上がるのがかなり難儀でしたね。

2009_0319parenthood0005mosaic

母親同士のネットワーク作りにも成果はありました。メールアドレスの交換もできたようで。これは、同じグループになった人たちとの記念写真。右端が僕の相方です。中には予定日が4月早々という、臨月の人もいました。

090319-163122mosaic


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

アレルギーと鼻炎と向精神薬と口渇 [健康]

 

僕は、元来は花粉症の鼻炎のために飲み始めた抗アレルギー薬のエバステルを、もはや通年で飲むようになってしまいました。

ある年、秋に鼻炎が出た時に、季節外れだけど…と思いつつ医者に行って飲んだら軽快したからです。その時は一旦やめたんですが、翌年の春の花粉症シーズンの服薬が終わったら、体中あちこちかぶれができて、皮膚科に行ったら「抗アレルギー薬を飲むように」と言われ再開したのです。やはりこれで軽快しました。

内科で「こんなに1年中飲み続けて大丈夫か」と聞いたら、肝臓に悪影響が出ていない限りは大丈夫みたいな話でした。というわけで、向精神薬に加えて抗アレルギー薬も僕の常用薬の仲間入りをしてしまいました。

この季節は、杉・ヒノキ花粉で花粉症に加えて数年前からごく軽い喘息までぶり返してきたので(夏のブタクサが原因の小児喘息は減感作療法で潰しました)、ステロイド吸入薬フルタイドを吸い、鼻にはフルナーゼを吹き付けてます。目にもインタールやザジテンをさしてましたが、今年は特に必要ないようです。

薬のおかげなのかどうか、食物アレルゲンの中には、反応しなくなってしまったものもあります。かつては、ピーナツ、アーモンドを除くナッツ類(クルミ、ヘーゼルナッツ、カシューナッツなど)は食べると胃痛を起こしたり蕁麻疹が出たりしたのですが、今はもう平気です。

一度、それと知らずに蕎麦の実を食べてしまった時に胃痛だけでとどまってくれたのは(以前なら蕁麻疹と喘息、鼻炎、結膜炎のオンパレードでした)、やっぱり薬のおかげだったんだろうなあ。

ひょっとすると、花粉症の鼻炎自体が弱まってきているような感じもあります。何故なら、それまでは薬を飲んでいてもひどい鼻炎が出ることが1シーズンに1~2回はあったものですが、去年ぐらいからそれは無くなっているからです。僕は薬を飲んでいるからといって、マスクもしない舐めた暮らしをしているんですけどね…。シーズン以外の鼻の通りも良くなっています。

そのおかげで、今は口を閉じて鼻で呼吸するのが普通になりました。子供の頃から、呼吸と言えば口でするものだったのに、これは大きな変化です。

空気を口で吸ってしまうと、鼻の場合に比べて体内に取り込んでしまうほこり・細菌・ウイルスの量が多く身体に良くないということは前から知っていました。喉を痛めたり風邪をひいたりしやすいはずです。口の中も不潔になりやすい。

でも、以前は鼻だけでは取り込める空気の量が足りなくて息苦しくなるので、どうしても口で呼吸してしまっていたのです。今は、「鼻で呼吸なんてことができるのか!」という新鮮な気分です。

残念なことに、それを実感するのは口で呼吸をしてしまった後です。僕は今、副作用として「口渇」がある向精神薬(アモキサン)を飲んでいるので、寝る時もきっちり口を閉じて眠るように心がけているのですが、やっぱりいつの間にか口を開けてしまっていて、目覚めると口の中から喉にかけてがカラカラになっていることが多いです(特に酒を飲んだ翌朝)。起きても、口をゆすぐか飴をなめるかしないと、話すことさえできない状態です。しかも、うがいをすると悪い色の痰が出ることが多いんですよね~。どれだけ細菌を取り込んだの?という感じです。

今は気分を上げるためにアモキサンは必要だから仕方ないですが、早く外したいです。(更にはトレドミンも!性生活に影響があるので…。まあ今は相方は妊娠中だから実害は無いといえば無いですし、薬のせいだと分かっているのですが、やっぱり少し情けなくなります。まぁいざとなればバイアグラがあるんですけどね…。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ニュース:米女優リンジー・ローハン [ニュース]

 10年前、アメリカ旅行の帰りの飛行機の中で見てあまりの面白さに、邦題を確かめもせずに、イギリス版のDVDやノベライズ本を買ってしまった The Parent Trap(邦題『ファミリー・ゲーム』)という映画の主演女優。リージョンコードが合っていても、ヨーロッパのDVDは映像記録が PAL だから、PCでは見られてもテレビで見られないと知って、改めて日本版を買い直したぐらい気に入ったのだけど、1つめのニュースの写真で、10年経つとこんな姿になってしまうんだ…とちょっと悲しい思いがした。もちろん、薬物に汚染されてしまったこともだけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。