So-net無料ブログ作成

日本語力の話は別問題だ。 [語学]

相方の帰省に付き合って石川県に来ているので、読む新聞は北國新聞。今朝の社説(12月29日付)を読んで、こういう論調って多いよな、全国紙は知らないけど、地方紙なんてこんなものなのかな、と少々げんなりした。題して「英語を英語で教える 落ちこぼれが多く出そう」。今日中ならここで読めるけど、permalinkはない。ここなら記事一覧が見られるけど、そこから先は携帯電話用の有料サービスだって。ケチだなあ。自らの言論を広める方が大事だと思うよ。僕の故郷の新潟日報なら無料で過去社説も読めるのに…。(因みに、新学習指導要領についての社説は12月23日。全体についての話なので、英語についてはこうなったと触れているだけですが。)

北國新聞の社説、前半の、生徒にも教師にも落ちこぼれが多く出そうだ、というのは誰もが思うであろうことで、ここには特に異論はない。問題は後半だ。「…日本語の授業の中身を濃くしないと、英語の圧力に負けて、日本語の優れた機能や陰影が維持できなくなるという問題もある」という“寝言”に始まって、バイリンガルの作家水村美苗の近著『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で』(筑摩書房)を引き合いに出している。論点が、途中で英語教育から日本語力の問題にすり替わっている。

日本語力の話は別問題でしょう。これではまるで、日本が母語教育を英語教育に依存して行ってきたかのようだ。実際そうだったという考え方も結構流布しているけれども、筋違いも甚だしい。全員が英語教育を受けるようになったのは太平洋戦争後だけれども、それ以前に教育を受けた日本人の日本語力が低いなんて論調は見たことがないし、実際そんなことはないはず。

最近の若者の日本語運用力の低下が問題になっていて、それがこの社説の後半の念頭にあるのかも知れないが、日本語力の低下が本当に存在するのかどうかは怪しいものだし、仮にそうだったとしても、教育分野の中で責めを受けるべきは国語教育であるはず。更に言えば、教育に原因があるのかというのも疑問だ。要は、社会の中でのコミュニケーションの需要に応じた運用能力になっているだけなんじゃないだろうか。



話は別になるけれど、今月中旬のポーランド出張中、僕が研究発表をした後の coffee break で、聞いていたポーランド人の一人から、日本での英語教育の状況について質問された。僕は、12歳から学校で学ぶ、ちょっと前までは選択科目で「事実上の必修」だったが、必修化された、というような返事をした。

12歳、それは遅いですねえという反応が返ってきた。ポーランドでは6歳だったか7歳だったかから第一外国語を学び、その後第二外国語もやるのだそうだ。順序や言語は選べて、ドイツ語・英語ないし英語・ドイツ語の順でやる人が多いとか。かつてはもちろんロシア語を最初にやるパターンが多くて、その人(多分僕と同年代)もそうだったとのこと。

日本で英語を始める年齢を早めることになったが、母語の能力に悪影響があるのではなどの理由による反対論があると言ったら、この技術の時代にそんなこと言っている人がいるの?みたいな反応が返ってきて、うーん、そうですね…としか答えられなかった。現に小学校の最初から外国語をやっている国の人には、あまり早くから外国語をやると母語に悪影響があるという議論は確かに理解しがたいだろうな…と思う。

と言うか、僕自身も、小学校で英語を始めることで母語に悪影響があるという懸念の根拠が実はよく分かっていない。言語構造の距離の違いの問題なのか?という感じが少しだけしているのではあるけれど…。ポーランド語-英語と日本語-英語では明らかに違うだろうから。

なお、僕は小学校で英語をやることにどちらかというと懐疑的です。但し、懸念の内容は、教師がいないということと、最終的な効果の見通しが分からないということ。あと、英語の利便性はあるとしても、数ある外国語の中で英語に限定するのは問題だという考えもある。ポーランドのように2つやって、そのうち1つが英語というぐらいが妥当じゃないかという感じ。

僕自身はラボ・パーティというところで、小学校3年から週1回英語で遊んだ後で中学に入って英語の勉強が始まったので、小学校で英語に触れさせちゃいけないとまでは思わないけれど、僕が英語で飯を食う身になれたのは、それを小学校からやっていたことではなく、このラボを通して中2の夏休みにアメリカにホームステイに行くことが中学に入るときに既に決まっていたことにより、「英語ができなきゃ大変なことになる」という危機感を持って英語の勉強を始められたこと、実際のホームステイでそれまで習った程度の英語は使うことができて手応えを感じたこと、そのことでアメリカに心酔して、その後もモチベーションを高く保てたこと、などにあるのじゃないかなー、と感じています。

…北國新聞を枕にして、結局言いたい放題書いてしまったのかな。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

英語教育の迷走は続く [語学]

「高校英語、英語で教えるべし」との学習指導要領改定案のニュース(朝日新聞 Google News)。2013年からとか。5年後ですか? いや、準備期間がたくさんあったとしても、現実的なんでしょうか?

このニュースを見てすぐに思い出したのが、英語教育に関して最近読んだ本でとても良いと思った、金谷憲『英語教育熱:過熱心理を常識で冷ます』(研究社)です。

言わずと知れた東京学芸大の先生ですが、この本を読んでいて、日本でこの人ほど、英語教育の現場や政策決定の過程を見ており、なおかつ英語使用の実態に関する見聞が広い人は他にいないのではないかと思いました。とにかく、色々な現場についての話が、ざっくばらんに語られています。

普通の日本人は、英語教育に関しては学習者として関わった経験しかありません。使った経験がある人はほんの一部。英語教育に対して色々言いたいことを言っている財界人だって同じです。

英語教員は、学習者としての経験、使用者としての限られた経験、教えている現場の経験がありますが、僕のように自分が教えている教室の中しか知らない人も多いでしょう。熱心な先生なら、授業研究で他の先生の模擬授業を見ることがあるという人もいるでしょうが、それでも、個人の見聞の範囲というのは限られています。

そういう、限られた経験や見識で色々な人が言いたい放題言っているのが、日本の教育全般だという気がしますが、英語はそれが特にひどいように思います。そんな中なので、金谷氏の、幅広い現場を見たことに基づく“常識”は頼りになる、そんな感じがします。

彼は、学習指導要領の作成に協力者として関わり、「自分の力不足と、責任を感じている」と書いています。先に引用したニュースで取り上げられた、次回の指導要領なのかどうかは分かりませんが…。それにしても印象的なのは、別の部分で太平洋戦争での戦艦大和の出撃に関する山本七平氏の著作から

…それを無謀とするに断ずる細かいデータ、すなわち明確な根拠がある。だが一方、当然とする側の主張はそういったデータ乃至根拠は全くなく、その正当性の根拠は専ら「空気」なのである。従ってここでも、あらゆる議論は最後には「空気」で決められる。

という文章を引いていることです。正に、実感なのでしょう。大方、「英語で英語を教える」という方針も、そういう空気から出てきたに違いありません。あらゆる種類の現場を知っていれば、こんな非現実的な方針が出てくるはずがない。あるいは、ついてこられないような現場は切り捨ててしまおうという考えなのかも知れませんが。

因みに、金谷氏も、ざっくばらんに改革案を出しているのですが、中学の週4時間×3年=12時間というのを、入門期に集中投下して、1年生で週6時間、2年と3年で週3時間という風にするというものです。確かに、入門期こそ学習者に勢いもあるし、資源を集中投下すればつまずく生徒も大幅に減るような気はしますね。総時間数は変わらないので、他教科との陣取り合戦にもならないという意味でも、良いような気がします。

思い出すのが、アメリカ留学時代に見た語学のカリキュラム。初級は50分授業が月曜から金曜まで毎日あって5単位。I・IIと2セメスター続けます。しかもクラス街でLLを使って練習することも求められる。2年目の中級は、50分授業が週3回で3単位。これもI・IIの2セメスターあります。僕はスペイン語中級のIを取ったんですが、20人未満の少人数だし、中級程度には週3回は良い感じでした。初級が毎日というのは理想的だと思いましたが、日本の大学でこれを実現するのはほとんど無理じゃないかという感じも同時にして、暗澹たる気分にもなりました。

いや、専攻するならこれくらいの授業数は確保されてますけど、アメリカのこれは、専攻するしないに関わらないものですからね。アメリカの外国語教育はなってないなんて固定観念がある人が結構いるような気がしますが、制度は日本よりしっかりしていると思います。

金谷氏の提言に戻ると、中学なら、その気になれば実現できそうな案だというところが良いです。今回の記事のように、中学を今のままにしておいて、高校だけ変えようとしたって無茶というものでしょう。教師の側の力量もさることながら、そういうことができるように教育した上でやるというのがないのは机上の空論としか言いようがないですね。小学校英語だって、教師もいないのに始めようとしているし…。やれやれ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

年賀状の手配 [生活]

例年渋谷ロフトで印刷してもらっていたのですが、今年は相方とのすりあわせが必要で、秋に余らせてしまった写真入りの結婚報告ハガキを流用したいという話も出たりして、枚数の確定が遅くなってしまいました。

ロフトは確か1~2日でできるデザインもあって、利用したこともあるのですが、申し込み時と受け取り時の2回足を運ぶ必要がある。25日に相方の実家に帰省することになっている僕らにはきついなということで、ネットで注文できるところを探しました。

もちろん、ネットには多くの業者があったのですが、多くが制作に1週間ほどかかる。そんな中見つけたのが、「最短24時間仕上げ」を謳うキンコーズ。昨日申し込んで今日受け取ってきました。(配送もあったけど、それだと1日損することが見込まれるので、店頭受け取りにしたわけです。)

あとは、あて名を印刷して、ひとことずつ書き添えるだけ。それが結構面倒なわけですが。明日が何と授業実施日だというのが痛い。 ハッピーマンデーの余波が火曜日にも及ぶのはちょっと不思議です。

これとは別に、mixi年賀状というものも利用してみました。マイミクの中から数人に送ってみることにしたのです。そもそも住所を知らない方もいるわけですから便利ですね。でも「mixiに住所を知られたくない」という場合には、少なくともハガキは送られないようで、その辺がどうなっているのかは、いまいち分かりません。

僕は自分の写真をテンプレートに埋め込んで内容を作ったのですが、テンプレートによっては、動画を入れられるようになっているものもあるので…。少なくとも、eカードのような形では届くということなのかな? 僕に送ってくれるという奇特なマイミクの方がいない限り、この辺は分からないですね~。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妊婦の医療の縦割りへの不満 [健康]

週末をはさんでポーランドに行ってきたんですが、それよりも今日、身に染みたことがあるので書きます。

相方が最近つわりがひどく、仕事も休みがちです。僕がポーランドに行く前は好転の兆しもあったんですが、4泊6日の出張を終えて帰ってみると、どうも本当に兆しに過ぎなかったようで、また悪化して相変わらず苦しんでます。やっぱり…。こうなる前から決まっていたこととはいえ、やはりこういう体調なのを一人にしてしまったのが悪かったのは明らかだな…。そう思って反省しています。

次の検診は今週土曜ということになっていたのですが、昨日も仕事を休んだのを見て僕は「明日も調子悪いようなら検診を待たずに見てもらいに行ったら」と勧めました。で、実際調子も悪かったので、午前中、通っている産婦人科クリニックへと出かけていきました。因みに、最寄り駅付近にはないんですよね…。隣の駅のすぐ近くだからまだいいんでしょうか。でも、最寄り駅との間の10分足らずの道のりですら辛そうにしていることがあるのを見ているので、わがままかも知れないけど、少しでも遠いのでやっぱりきついよなあ、と思います。

僕は仕事は午後からだったので、その後も家にいたんですが、しばらくすると相方から電話がかかってきて、「木曜休診だってこと忘れてた。どうしよう…」と。付近の産婦人科を探す余裕もないし、あっても予約制ですんなりと行けない場合がほとんどだろうと思ったので(通院しているところは、予約は一切なしで、土曜日はひどいときは5時間以上にもなってしまう待ち時間の長ささえ我慢すれば、いつでも気楽に受診できるのがウリ)、要は胃が気持ち悪いんだから、内科でもいいかな、という話になり、地元最寄りの、僕もいつも行っている内科に行くのを勧めました。(そこは先生もスタッフも全員女性だというのもいいかも知れない、とも思ったんですが…。)

その後僕は仕事に出かけ、相方から電話もメールも来ていないので、何とかなったんだろうと思いながら帰宅して話を向けてみたら!

その内科に行ったら、うちは産婦人科はやっていないので、近くに産婦人科がある病院があるからそちらに行って下さい、と言われた。歩くのも辛い中そっちに行ってみたら、そこは「産婦人科の先生が今日は出ていない日だから駄目」と断られた、それであきらめて帰ってきて寝ていた、と。

ああ、こうやって書いていても腹が立ってきます。女性は、妊婦になった瞬間から、産婦人科以外の医者にはかかれないということですか? だとしたら、こんな差別を受け入れて妊娠して子供を産もうなんて人が少なくなるのも無理はない。

東京で、周産期に脳出血になった妊婦が救急車であちこちの病院をあたったものの、どこも受け入れ不能で、結局最初のところで受け入れられて出産した後に死んだ、というニュースがありましたね。うちのは、死ぬような状況じゃないし救急でもないけど、構図は同じです。あのニュースの細目の中には、一般救急は空いていたけど産婦人科救急が一杯だったから受け入れ不可能だった、連携が足りなかった、というのもありました。

新聞記事でそれを読んだときは、わけが分からなかった。妊婦であれ誰であれ、脳出血という場合は問題は脳内で出血したということであって、妊娠とは別個のことではないのか? いや、もしかしたら妊娠中は血圧が高くなったり、血栓ができやすくなったりしやすいという因果関係も考えられるのかも知れないけれど、それでも、第一義的には脳内出血なのであって、患者を産婦人科に閉じ込めてしまったのでは助かるものも助からなくなってしまうのじゃないか? そう思ったのですが、まさか自分の配偶者が、命にかかわることではないとはいえ、同じ構図にはまってしまうとは予想していなかった。

つわりにも色々あるようですが、僕の相方の場合、胃の変調です。通院している産婦人科からは胃散を出してもらってました。あまりにも苦くて却って気持ち悪くなると飲むのを嫌がったので、僕はオブラートを買ってきてまで飲ませていました(僕は多分、服薬コンプライアンスが非常に高い人間なので、せっかくの薬を飲まないのを見ると放っておけないのです)。でも、それでは十分には収まっていなかったようです。だから、仮に内科で受診できていたとしても、できたことに違いはなく、助けにはならなかったということもあり得ます。でも、その胃の変調が妊娠によるものだからといって、産婦人科以外で扱ってはならないという法でもあるのでしょうか?

相方は多分、最初の内科の窓口で、「つわり」と言ってしまったんでしょう。後付けで考えれば、そんなことは診察室まで入ってから言えばよかったんだと思います。相方はそのクリニックで初診ではないし、そのクリニックは受け付け時点ではなにも聞かれないのだから。その上で、先生から、自分には無理だからと言われたなら、同じ受診できないのでもだいぶ気分が違ったでしょう。

次の病院は論外。苦しみながら歩いてきた患者を、よくそんな風にして追い返せたものです。でも、元々縁がなかったと考えればまだあきらめもつきます。

最初の内科クリニックに関しては、僕自身、信頼して利用してきただけにショックです。配偶者がそんな目に遭ったとなっては、今後の利用も考え直した方がいいのだろうか…?でも、長年利用してきたのにこれから別の場所を探すのも気が重い。次の受診の機会に、実は妻にこんなことがあったんだけど、と軽くにでも苦情を言いたい衝動に駆られそうです。もっとも、次の受診の機会って、風邪をひいたときか、花粉症がひどくなったときなんだろうから、いかにも場違いですね。それに、実際、どこも受診できなくて良くならなかった一方で、それ以上悪くなったわけでもないので、結果的に問題がなかったのに、後々になって恨み言を言うのもおかしいのかな…。

もしもどなたか、医療関係者の方がこれを読まれていたら、何か慰めの言葉でもかけていただくことはできないでしょうか。いや、普段の読者数から考えて、その可能性が低いというのは分かってます。

因みに、我々夫婦は、来週木曜(25日)に、相方の実家に帰省します。だから、相方の年内の勤務日は、明日と、来週の月曜・水曜の3日間だけ。行っても仕事にならない確率が高いんだし、いっそ年内は全部休むことにしたら、と勧めました。そうしたら、明日は行って(残りの2日間について)相談してみる、と。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

時間がない…。 [仕事]

…なんて言いながら、ブログに記事を書いていては世話ないんですけどね~。でも今月に入ってから1回も書いてないし、明後日からポーランドなので、息抜きにちょいちょいと書きたいと思います。

時間がない理由は3つ。

  1. 火曜日午後の講義のためのプレゼンテーション作りが自転車操業になっている。いつも当日の午前中になっているのを改善しようとしたけど、昨日も何だかんだ部屋の片付けをしていて手を着けるのが夜になってしまい、結局一晩中かかってしまいました。一緒に寝られなくて相方には悪いことしたなあ。
  2. 3月にセルビアでの国際会議で発表した研究を、会議報告論文にまとめるのに手間取ってしまった。本来の締め切りは5月15日だったのを、「夏の終わり」まで延ばしてもらい、でも8月はこれまでの記事に書いたとおり行事が多くて時間が取れなかったので9月末に延ばしてもらい、それでも8月の疲れを引きずったのと、1.の事情で手が着けられずに延び延びになってしまって、ようやく書き上げたのが1週間前。恐る恐るメールで送ってみたら「ぎりぎりセーフ」ということで、あとは投稿規定で必ずやることになっている英語のネイティブチェックを、今日の授業前に同僚のアメリカ人に1時間ほど時間を取ってやってもらうことになっていいます。昨日、学会の世話人から「15日までに完成原稿を出して下さい」というメールが来たけど、もちろんです!今晩出します。そうでないと、明後日出発の3.の準備ができなくなってしまいますから。
  3. 明後日ポーランドに行くのも国際会議での発表のためです。その準備がろくに進んでいません。3月のセルビアと同じフォーマットの研究で、対象とする部分が違うだけなので、考えたり発表原稿やプレゼンテーションを作るのにあまり時間かかるということはないはずなんですが、対象データの準備自体がまだ進んでいない…。2.に時間を取られていた関係で、この前の土日にやっと着手したんですが(アルビレックス新潟の今季最終戦に行くのをあきらめざるを得なかった…)、死ぬほど時間がかかる。明日まる一日は準備できるけど、その2日後に発表なので、本番が思いやられます。

    セルビアの時みたいに、現地に着いてから発表前夜に徹夜で(行きの飛行機で寝てはいたけど、そのせいで機内にデジカメを忘れるという大失敗をやらかした。写真はアドエスで撮れたからいいようなものの)やっとプレゼンテーションを仕上げてそのまま学会会場に行って発表なんてことにならないようにしなければ…。あの時は2番目の発表だったので、発表自体は勢いでやってしまったけど(時間が非常に余った)、その後は眠すぎて午後のセッションをスキップして、夜の conference dinner までホテルで休んでたなあ。何とも勿体なかった。

    今回は、金曜午後に会議が開始で、僕の発表は4番目17時30分から。但し、午前中にワルシャワから鉄道で2時間ほどかけて会議に行かなきゃならないので、直前に(列車の中で?)作業して、なんてあっちゃならないことです。微調整ぐらいなら仕方ないとしても。

さて、書くだけ書いてすっきりしたので、また仕事に戻ります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。