So-net無料ブログ作成

ポーランドの通貨ズウォティの価値 [雑感]

12月に学会で行くことになったので、気になって調べてみました。現時点で、1ズウォティ(złoty)=35.6291417円か…。手許に、去年と3年前の使い残し 69.03zł がありますが、その当時のレートはほとんど忘れてました。今だと2,500円弱ですね。

過去のレートを探していてたまたま見つけた http://fxking777.livedoor.biz/archives/65022606.html を見ると、

>2007年度平均で1ポーランド・ズウォティ当り42.7円程度、2008年度は48.2円程度

となっているので、一旦上がってかなり落ちたんですね。この記事の書かれた日付が分からないので、2008年度がいつからいつまでを指すのか不明ですが、いずれにせよ2008年度の途中までは結構上がったってことですね。3年前(2005年)のレートを…と思って更に探ってみたら、 http://www.traderssec.com/topics/fx/pld/
 を見つけました。僕が行ったのは8月でしたが、11月時点で、グラフで読み取れる限りは34円ちょっとでしたか…。この3年間、ほとんど上がり続けていたのが、ここに来て元に戻ったんですね。

まぁ、学会参加費も学会期間の宿泊費も(前泊・後泊は別)ユーロで払うので、ズウォティが上がった下がったよりも、ユーロのレートの方が遙かに大きく響きそうなんですけどね。

ポーランドは2012年にはユーロを導入するとか(日経新聞の記事)。便利にはなるけど、今は安い物価もきっと上がるだろうなあ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

住宅ローンの一部繰り上げ返済 [雑感]

父親からものすごくまとまった小遣いをもらったので、住宅ローンの繰り上げ返済をしました。と言うか、父は繰り上げ返済に使うようにと言ってそのお金をくれたのです。僕が、自分が家を建てた時よりも遙かに多くの額面の住宅ローンを抱えている状況が居心地悪かったのかな…。実は買う時の頭金も補助してもらったのですが、その時と同じ額をもらいました。もちろん贈与税は住宅購入目的のための控除はあるにせよ、きちんと払います。

僕の職業は停年が70歳で、ローンを組む時は業者から「どうせ繰り上げ返済で短縮することになるから、停年よりも5年ぐらい先に払い終わりで良い」と勧められたんですが、僕はどうにもそれは居心地悪くて、定年時に払い終えるぐらいの設定にしました。しかも、ボーナスを存分に使えないのは嫌だということで、ボーナス月増額もなし。結果的に、ローンは月14万1500円ほどの返済です。住宅金融公庫なので、あと数年したら金利が上がって、月15万を超える予定でした。

今回の繰り上げ返済では、返済期間を変えずに月々の返済を減らすか、月々の返済を変えずに返済期間を短くするか、両方の中間を取るか、などと考えていたので、3種類で試算を出してもらいました。その結果は…。

  • 現在の返済額を変えないとすると、返済期間はほぼ10年短くなる。金利が上がった後の返済額も、期間が短くなる分少なくなって、14万6000円ほどになる。
  • 返済期間を変えないとすると、現在の返済額は大幅に減って9万6500円ほど。金利が上がった後は10万3000円ほどになる。
  • 返済期間を5年短縮すると、現在の返済額は11万3000円ほど、金利が上がった後は11万9000円ほどになる。

正直に言って、返済期間を変えない場合の月々の返済額はとても魅力的でした。今と比べて、毎月4万5000円が余って貯蓄に回せるわけですから。しかし、70歳の停年まで借金を返し続けるのもきついなという思いがあるのも確か。可能性は低くなってしまったけど、もしも職場を移って、移った先の停年が70に届かない場合もあり得るし、今の職場で今後停年が切り下げられる可能性だって無いわけじゃない。

そんなことを考えた結果、第3案の、返済期間短縮と月々の返済額縮小を半分ずつ取った形を採用したのでした。これでも、月々3万円は余るわけだから、貯められる額としては十分に大きいですしね。

あとは、何らかの方法で、最近頭打ち気味の収入を増やしたいものです。手っ取り早いのは、売れる本を書くことなんですが、機会があるかなあ。かといって、学外出講は、今はその体力と気力が足りないという感じです。やっても、1科目で1年に30万円ほどにしかならないのも注ぎ込むエネルギーからすると割が悪い。それでも、僕は僕の専門をなるべく多くの学生に教えるべく動くべきなのですが、やっぱり体調が完全復活していないのは如何ともしがたいです。

まあ、結婚したおかげでダブル・インカムになったのは頼もしいことですが、正直言って、僕は相方の収入を把握してません。いや、それはお互い様かな…。そもそも、お金の使い方のルールを全然決めてないんですよね~。これって、夫婦としては良くないことかも。

固まっているのは、住居費と光熱費は全面的に僕が払うということだけ。要するにこれは僕が結婚前からやっていたことを続けているだけです。その分というわけではないけど、食料品は相方が仕事帰りに買ってくるのが普通のパターンです。でも僕も自分で欲しいものや作りたいメニューがあったら買う。一緒に旅行に行く時は僕が出してます。

いずれ、子供ができたりしたら、嫌でもきちんと決めなければならないと思うので、それまでは決めなくてもいいじゃん的な雰囲気なのかな。まあお気楽夫婦ですね。そういうところを議論せずにやってこられているというのはいいなあと思います。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

データ消失の恐怖 [インターネット]

僕は10年を超えるウィルコムユーザーで、今はいわゆるアドエス(Advanced/W-ZERO3[es])を使っています。今日は連絡先データで怖い思いをしました。

夏以来アドエスの中の写真データをPCに移していなかったので、整理のために接続しました。接続すると、当然、同期が始まるわけです。この同期については、以前、痛い目に遭っていて、連絡先データをPCにバックアップするつもりで同期したら、PC側のデータを優先する設定になっていて、アドエスはPCのOutlookと連絡先データを同期する仕組みなのに、僕は当時一切Outlookを使っていなかったのでさあ大変。データなしのPCの方が優先されてしまって、アドエスの電話帳・アドレス帳データが空っぽになってしまいました。

あの時はどうやって復活させたんだったかな…。件数は少ないとは言え、手入力をやり直すなんてあり得ない話なので、確か、2代前に使っていた AH-K3001V(いわゆる「京ぽん」というヤツですか)から、「H"問屋」というPC用管理ツールを使ってCSVデータの形で吸い出し、どなたか奇特な方が作って下さっていた変換ツールでOutlook形式だったかに移して復活させたのでした。(いや、この方法は、そもそも、京ぽんから初代W-ZERO3に買い換えた時に、電話帳データを店でコピーしてもらうという、それまでの機種変更なら当たり前にできたことができないことにショックを受けて調べ回った結果見つけたやり方だったな…。)

それに懲りた僕は、Windows Vista の Mobile デバイスセンターの設定を、PC優先からデバイス優先に変えて使っていました。それで問題はなかったのです。Outlookの連絡先にアドエスの連絡先のバックアップを取るということもできました。ただ、その後、アドエスのデータを書き加えても、同期の時にPCのOutlookデータが書き換わっていない様子だったのは不思議に思ってはいましたが…。

それが今夜、僕に牙をむいたのです。いくつか普段と違うエラーメッセージが出るなあと思いつつ写真のコピーをして、たまたまPCのメールソフトのアドレス帳に入っていなかったメールアドレスを友人に伝える必要があって、アドエスの「連絡先」を見てみたら…。Windows Live のために自動的に登録された以外の連絡先が一切消えていました。ありゃりゃ、またやられた!しかしどうして…。

何はともあれデータを復活させようと5月にアドエスの中で実行したバックアップから連絡先データの復活を試みました。しかし…。連絡先データだけでいいのに、僕のSpriteBackupの使い方が悪かったのか、丸ごとのデータを書き戻してしまいました。連絡先は5月の時点に戻ったのでよかったのですが、スケジュールや、メールデータもまとめて5月に戻ってしまいました。つまり、最新のメールは消えてしまったのです…。これは早まったことをしました。(スケジュールは、POSyncというツールを使ってアドエスで直接Googleカレンダーと同期させているので、Outlookがどうあろうと、アドエス上のものが消えてしまおうと、問題はないのですが、考えてみたら、それなら何故同期の対象にしておいたのか不明ですね…。)

しかも、無謀にも、これをPCに書き戻そうとまた同期を試みて、(いや、一応アドエスのバックアップを取った後にしましたが)、それでまた連絡先データが白紙に戻ってしまったのです。

ここでようやく肝が据わった僕は、バックアップから復活させるのはいつでもできるけれども、Outlookとの同期を何とかしないとこれから何度でも同じトラブルに見舞われるぞ、Outlookはどうなってるんだ、と追求を始めました。まず驚いたのが、Outlookを立ち上げて、「連絡先」を見ても空っぽだったこと。どうやらこれが諸悪の根源のようです。「デバイス優先」がどんな理由にせよ誤動作?したのなら、ここが空っぽじゃ消えてしまって当然です。

よくよく探したら、Outlookの中にはいくつか内部フォルダができていて、その中に、かつてバックアップしたデータがきちんと保存されているものがありました。ただ、この内部フォルダにデータがあっても、同期の対象とはならない様子。それなら、その空っぽの起動フォルダ?にデータを移そうとするのですが、どういうわけか、直接コピーしようとしてもできないんですね。普段使わないソフトはこれだから大変です。仕方なく、Excel形式にエクスポートして、それをインポートするという手順を踏みました。何じゃそりゃ、という感じですね。

そうした上で、同期対象を「連絡先」のみにして、「PC優先」に設定した上で同期してみたら、やっと、アドエスの「連絡先」が復活していました。

やれやれ、これで2~3時間は無駄にしてしまった…。これからは、連絡先データはOutlookで編集してアドエスに流し込むというポリシーにして、仮に不具合があってもデータ編集のしやすいPCの方で対処できるようにしておこう、そう決めたのでした。


erimba with HARCO @下北沢440 [ライブ音楽]

なかなかライブに行く時間が取れなくなってきている今日この頃。このライブも、チケットの手配が遅れてほとんどあきらめ気味だったのだけど、大橋エリさん直々のお誘いにより、行くことができました。ただ、エリさんは僕よりも僕の相方に会いたそうな雰囲気だったので、相方も誘いました。基本的に平日はこういうのには行きたがらないのだけど、7時半開演でオープニングアクトありという条件だから、仕事(@鶴見)を早めに切り上げれば何とか間に合うと言って参加を取り付けました。

そうは言っても、僕と相方が同時に会場に着くのは不可能なので、如何にして席を確保するかが問題でした。相方が着くまで待っていたら間違いなく席は埋まってしまうけれど、かといって荷物を置いたりして席取りするのは心が痛む。現実にそうやっている人もいたけど、僕は何とか壁沿いのベンチシートに多少の隙間と共に場所を確保。相方が来たら周りに詰めてもらおうと思い定めました。

そうこうするうちにオープニングアクト開始。会場は立ち見客でごった返してきて、こりゃ大変だなーと思ってたのですが、相方はオープニングアクト終了と共に到着。めでたく、一緒に erimba with HARCO を鑑賞することができました。

前回僕が見た渋谷アップルストアは、2人のほかは iPod だけという編成だったけど、今回はフルバンド。ギターにエリさんの夫君後藤郁夫氏を迎え、更にベースとドラムも入っていました。やっぱり、同じ音を厚くするのなら生演奏の方がいいのは当然ですね。但し、途中、HARCO氏が「演奏歴1年」と言って弾き始めたアコーディオンは強烈だった!いや、はっきり言ってヘタだと相方も言ってました。これを人前でやるのは相当の度胸です。

スペシャルゲストにはみどりんが登場。ステージはエキサイティングに幕を閉じました。

ステージ後、エリさんに挨拶したかったのですが、相方が職場から直行でひどくおなかをすかしていたのと(僕も同じだけどまぁ我慢できないほどではなかった)、あまりに大勢の人で、挨拶される方も大変だと思ったので、後ろ髪を引かれながらも会場を後にしました。

大橋エリさんは様々な活動を見せてくれるので、次はどんなものを見られるのかも楽しみです。



Live Bar 440 (four fory)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。