So-net無料ブログ作成

あし@を設置してみた。 [雑感]

あし@」というのは、メディアインデックス社がやっているサービス。

色んなことを考える人がいるものだなあ。単体のブログに「足あと」機能を付けて、「友達」になったり、メッセージを送りあったりできる。今日ここをこれに登録してみたら、あし@自体の機能拡張で、mixiのようなコミュニティ機能が付いたところだった。

ソネブロ自体にも「ブログクルーザー」というのがあって、友達登録ができたりメッセージを送りあったりできるんだけど、nice!しない限り訪問した跡が付かないし、やっぱりソネブロ内で閉じているせいか、あまり利用されていないようで、今まで僕に関しては友達申請ゼロ。使っている人は見かけないこともないけどね。

今のところ対応しているブログが限られているというのが難点なのかな…。大手は大体押さえているみたいだけど。

どんなことになるか、様子を見てみます。


脳科学ひろば-理化学研究所脳科学総合研究センター創立10周年イベント [生活]

昨日は、理化学研究所脳科学総合研究センター創立10周年イベントの「脳科学ひろば」に行ってきました。場所は、表参道のスパイラルホール。

理化学研究所と言えば、僕にとっては、双極性障害研究の日本での第一人者、加藤忠史氏の所属する研究機関ということで、そこへの興味もあって参加しました。それ以前に、彼女から誘われたというのもあるけれど。

内容としては、トークセッション、研究室単位の研究紹介(学会のポスターセッションを親しみやすくした感じ)、それに体験コーナーのようなものが組み合わされていました。表参道のホールでこういう学術的なことをやって、人は集まってるのかな…なんて行く前は思ってましたが、やっぱりさすがは休日の東京だけあって、賑わってました。

僕としては当然、双極性障害を扱う「精神疾患動態研究チーム」の展示ブースにいちばん興味があったのですが、実際に話を聞いたのは、隣の「分子精神科学研究チーム」の方が長かったかな。でも、加藤先生にも会うことができて、ちょっとだけ話もしたし、たとえミーハー的欲求だけでも満たされたのはよかったです。ほかにも、僕の専門と関係のある「言語発達研究チーム」とか、単純に見ていて面白い“脳の働きを観るための蛍光技術”やら何やら、展示は盛りだくさんだったけど、時間的制限と、人混みの中にいる疲れとで、どこもちらっと見るぐらいしか余裕がなかったのは残念。

それにしても、やっぱり研究というのは、今の時代、こうやって一般社会との接点を持つ必要があるというか、説明責任のようなものがあるんだろうなあ、なんてことを思いました。僕自身の研究も、たまにはこういうことができるようでないとな…。(いや、本は書いたけどね。)

spiral(スパイラル)


スラハイ@三軒茶屋Heaven's Door [ライブ音楽]

スラハイのライブに来るのは今年5回目。ただ4回目は7月だったので、今回はかなり間が空きました。一部では“王国”と呼ばれる Heaven's Door に来るのも久しぶり。

体調が落ち込み気味だった僕にとっては、このHeaven's Door の爆音が活を入れてくれるかな、という期待もありました。

スラハイのほかのこの日の出演バンドは、ETERNAL ECHO、マミミフォークソング、キヨステ、apnea。スラハイは2番目でした。ニュースとしては、遂にCDを制作することにした!ということかな。演奏自体もどんどん本格的になってきている気がします。(2曲ほど、僕の中でメロディと楽器の旋律の関係を消化し切れていないものがあるんだけど…。僕の未熟ゆえかな。)

他のバンドも、マミミフォークソングを除いてロック系で、ETERNAL ECHOはスピード感が魅力でした。キヨステはメッセージ性と音の勇ましさのバランスがよかった。apneaは、一筋縄ではいかない音作りが面白かった。

爆音に身を委ねていたので、ライブ終了後は、久しぶりに耳鳴りがしました。でも、前ほど、聴いていて耳が痛くなるということはなくなっているような気がする。慣れかな?

Heaven's Door


下り坂か…。 [健康]

火曜日あたりから様子はおかしかったんだけど、今朝起きて、ついにメンタルが下り坂で鬱に傾いているのを自覚した。幸い今日が通院日だったので、今までの薬にアモキサンをプラスして、何とか落ちていくのを食い止めるようにしてもらった。

昼食後、銀行に行って、住宅債券の手続きをしようとしたのだけど、既に満期が過ぎてしまったので、ここでは手続きできない、MC銀行に電話して手続きしてくれということだった。このこと自体は何の問題もなくて、早速電話して手続きしたのだけど、家に帰ってみたら、銀行から留守電が入っていて、折り返し電話を下さいという。かけてみたら、「通帳と(貯蓄預金の)キャッシュカードの入ったケースを落としていかれたようなので」と。確認したら、確かにそうだった。

普通預金のキャッシュカード(兼クレジットカード)は落としていなかったので日常生活に不都合はないけど、随分ぼけたことをやらかしてしまったなあ…。調子が悪いという自覚が、行動にも反映されてしまった。

ともあれ明日取りに行かなければ。薬は追加したからといってすぐに効果が出るわけではないのが辛いところ。


アルパカ9、etc@下北沢Basement Bar [ライブ音楽]

アルパカ9を知ったのは、今年7月11日に同じBasement Barにスラハイ出演のイベントを聴きに来たときのことだ。ドラムの男性と、ギター&ボーカルの女性(ぬまこ)だけという2ピース編成ながら、起伏の大きな迫力ある音楽に魅力を感じ、フォローすることにした。

そうは決めたものの、夏の1ヶ月旅行というのはライブハウス通いを停滞させるわけで、旅行が終わった9月になっても、なかなか元のペースが戻らなかった。実は9月終わりにアルパカ9を聴きに行こうと予約したのに、昼寝から起きられずに欠席、なんてこともしてしまって。で、ようやく今回、体調とスケジュールが合致して足を運ぶことができたわけです。

アルパカ9はオープニングアクトに続く2バンド目。7月の時に気に入ったにもかかわらずCDを買ってなくて、どんな曲を演奏していたのか記憶が薄れていたけど(一応、Myspaceで少しは聴けたとはいえ)、今回目の前で聴いたらやっぱり素晴らしくて、7月の印象の記憶が思い違いでなかったのが単純にうれしかった。

因みに、この日のライブはほかの出演バンドもレベルが高くて、3番目の青-ao-(福岡より参加)はメロディアスなロック、その次のでですけはガールポップ風、最後の王子ユウキ&インテリブラザーズはゴキゲンなロックンロール。それぞれ充実してました。CDを買いたいと思ったのもあったけど、今またフォローするバンドを増やすと収拾が付かなくなると思って自重しました。

ステージが全て終わった後で、ぬまこさんと話し込んでしまった。彼女の方から声をかけてきてくれたんですよねー。とてもフレンドリーで好感度UPです。

Basement Bar


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。