So-net無料ブログ作成

lotus guitar @三軒茶屋Grapefruit Moon [ライブ音楽]

lotus guitar のライブに行った。彼らの音楽を聴くのは、2005年6月23日のライブで初めて聴いて以来だ。当時はまだユニット名はなく、ASH with 伊東大助(クラムボン)という名称だった。あのライブをいたく気に入った僕は、ASHの「demo tapes vol.3」というCD-Rを物販で購入したのだが、その後の忙しさに紛れてそれを一度も聴かないまま2年近くが経過してしまった。

今年の4月だっただろうか、SonicStageに取り込んであったこのCDをたまたま聴いて、「あ、こんな良い音楽を持ってたんだ」と思ってASHのWebサイトを見てみたら、何とあのユニットに lotus guitar という名前がついて、『first trip』というアルバムまで去年リリースしていたことが判明。もちろん、早速取り寄せて聴き、期待通りのその出来の良さを堪能した。で、更にWebをチェックすると、何と lotus guitar のワンマンライブが、自宅から最も近いライブハウスの一つ Grapefruit Moon であるということで、この金曜の夜に足を運ぶことになった。

7時開場、7時半開演だったが、Grapefruit Moon に着いたのは7時より15分ほど前だっただろうか。外で待っていたら、リハーサルを終えたと見える伊藤大助が外に出てきて(顔をよく覚えていなかったので、ASHとどちらなのか実は分からなかったのだが、当然開演時に分かった)、携帯電話で何やら話し込んでいた。このライブハウスの、ステージ(は無いんだけど)と客席の間の近さを早速味わってしまった。

 ステージ開始。このライブハウスは楽屋が入口脇にあるため、2人は客席の間を縫って演奏スペースへ。ラフな感じで演奏が始まった。伊藤大助は瓶ビール(キリンのハートランド)を持っていた。因みにASHの方はペットボトルのお茶。

この日のライブは2部構成。恐らくは、食事の注文を受けるためにインターバルを入れたのだと思われる。開場時間から開演まで入場が続き、容易に食事の注文ができない状態だったから…もっとも、僕はそれを予め知らなかったので、開演前に急いで列に並び直して注文した。第1部の後半頃席に届いた。

さて、ステージそのものについては書けることが少ない。と言うのも、アルバムを買ったばかりでまだ曲をロクに覚えていなかったから。せいぜい覚えてるのは、ビートルズのカバー「Get Back」ぐらいだ。けれども、2年前に持った鮮烈な印象はそのままだ。

ASHの手にかかると、1本のアコースティックギターが3倍ぐらいの表現力を持つ感じ。もちろんそれは、リアルタイムサンプリングでループを作って再生したりしているからでもあるのだが、それを差し引いても、彼のギターの表現力はすごい。伊藤大助のドラムも、スティックを色々持ち替えたりして色々な技を見せる(とてもビールを飲みながらやっていたとは思えない…。ステージ中、確認できただけであの瓶を4本は飲んでいた)。唯一、ボーカルだけが、大部分が英語詩であいまいに歌うため何を言っているのかほとんど伝わってこないのだが、これはこれで味があった。

ライブは盛りだくさん。本編第2部のラストが「Get Back」で、アンコールには “lotus guitar の非常勤メンバー”日暮愛葉も登場して歌っていた。彼女が引っ込んだ後もアンコールは続き、結局アンコールだけで30分ぐらいやっていたんじゃないだろうか。終わったのは10時半。たっぷり3時間の贅沢なライブだった。実はこのライブの後に僕は待ち合わせをしていて、ワンマンライブならまぁ2時間ぐらいだろうと、9時半~10時を目安に伝えていたので、ちょっと慌てたけどね。

ライブ&バーGrapefruit Moon

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スラハイ [SETAGAYA LOUNGE] w/ asagaO、ユー・グラン・グラン、キアロスタミ、善財和也 @三軒茶屋Heaven's Door [ライブ音楽]

大橋はるみから直接ご招待のメールをもらったので、行こうかどうしようか迷っていた研究会を蹴ってこのライブに行くことを決心した。ライブの方を選んで良かった!また、新しいお気に入りバンドと出会えました。

Heaven's Door に入ってまず驚いたのが、フロアーに椅子がずらりと並べられていたこと。スケジュールを見たら "SETAGAYA LOUNGE" というイベント名だったので、のんびりと音楽を楽しめるように着席形式にしたのだな、と勝手に判断。すでに1組目の asagaO(女性1人が音源とキーボードを操りながら歌う)のステージが始まっていたが、このライブハウスの大きな特徴となっている、あの爆音がPAから出ていなかったのもイベントのコンセプトと関係あるのかな…。

スラハイは2組目の登場。何故か3人揃って赤ずきんをかぶっての登場だった。狙いは何だろう…なんて考えても意味ないんだろうな。ステージは、今まで聴いたことのない曲が何曲もあって新鮮でした。以前よりもお遊び的要素が減って、一定の音楽性のようなものが見えてきた気がします。うまく形容できているかどうかは分からないけど、“サイケ歌謡風”かな、と思いました。

3組目はユー・グラン・グラン。キーボード+ギター+ドラムの3人組。こういう編成でも十分な表現力は出せるんだな、とは思ったけど、正直、これは僕の好みではなかった。

続くキアロスタミ(qui-a-lost-ami)が、今回出会った新たなお気に入りバンド。ボーカルの女性(ねむ)がエレピないしギターを弾き、他にドラム、ベース、ギターの男性3人という編成。但し、ベースとギターはサポートで、正式メンバーはねむとドラムの響(ひびき)の2人ということです。

このバンドの音楽のどこが気に入ったのか、なかなか説明しにくいのだけど、まずは単純に、このバンドから発せられる音の洪水がとても心地よかったということ。シリアスめなメロディーラインも僕の好みだった。

ステージ後、早速物販でCDを購入。『音と声』という、月光というバンドとのスプリット・アルバム(キアロスタミが4曲、月光が3曲)、CD-Rの『時空の舟』(5曲入り)と『real main, not sub』(5曲入り)があって、ねむさんが色々説明してくれたけど、結局3枚とも買ってしまいました。3枚でも2700円だったしね。ねむさんはとても喜んでくれました。

最後のステージは“善財和也”。大橋はるみから、彼女が三味線で参加しているバンドのボーカルのソロだと教えてもらっていたのだけれど、ステージ上には4人。キーボードの女性と、ベースとギターの男性2人、そして中央に音源やサンプラーや色々なおもちゃのような楽器を机に置いたところに腰掛けた男性。

ステージはノンストップでした。中央の男性(善財氏?)が、色々な楽器をリアルタイムサンプリング(ウーネリーズと同じ手法ですね)でループを作って鳴らしたり、音源で色々な音を出したり、時には歌ったりというのが中心で、このバンドも“音の洪水”系。とても気持ちよかったです。ステージの最後に善財氏が、「これは今日限りのプロジェクトで…」と言っていたので、完全な生ものか…、2度と聴けないのは残念だけどいいものを聴かせてもらったよ、という感想が残りました。

Heaven's Door では、いつも爆音にヘトヘトになって会場を後にすることが多いのだけど、今回はとても満ち足りた気持ちで帰ってこられました。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

左肩痛 [健康]

ここ1ヶ月ほど、しばしば左肩痛に襲われるようになりました。もっとも、理由は分かっています。左肩が痛くなるのは、ある事情で左腕を固定されたまま眠らなければならなかった後に決まっています。今日もそうでした。

そんな状態のまま夕方ジムに行き、トレッドミルで1時間歩いた後でマシントレーニングで腕をいじめたら、左肩が壊れる寸前まで行って焦りました。寸前に気がついて、何とか事なきを得ました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

モザイクバトン [雑感]

こういう遊びはこのブログではやらないつもりだったんですが…。まぁいいでしょう。akisibuさんのところからもらってきたバトンです。

 

中央部の黒Tで顔がぶれてるのが僕です。この写真自体は、去年7月15日深夜の新宿ロフトでのオールナイトイベントに行ったときに撮られたもので、主催者がたまたま日記の中で披露していたのを見つけました。自分でも、何故これが自分だと分かるのか、不思議です。

☆誰に似てると言われますか?言われたこと、ありますか?
 映画「復活の日」の草刈正雄(どういう限定だ!)
 カルロス・トシキ
 ルー大柴
 田中マルクス闘莉王

…いまいちいいメンバーがいません。どれも自分では似てるとは思わなかった。

☆替われるなら誰がいい?
 誰にも替わりたくないです。

☆アピールポイントは?
 オレンジ色のメッシュが目印です。アピールとは違うか。

☆次のかたを指名してください。
 誰がこのブログを読んでいるか分からないので…。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

続・電波時計 [生活]

午前0時直前にどうなっているか見てみたら、11時58分を指して動いていました。他の時計で確認したらその時刻で問題なし。

いつ正しい状態に復帰したのか分かりませんが、めでたしめでたしです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。