So-net無料ブログ作成

補講 [仕事]

来週の金曜からその次の火曜まで、イギリスで行われる学会に行くめに休講を4つほど出すことになってしまった。

僕の大学では、補講は学期末にそれぞれ3日間ほどある補講期間か、授業がほとんどない、通常の土曜日午後のどちらかにやることになっている。補講期間は他の授業とのバッティングが生じることが多いし、学期末になるまで精算できないというのも気持ち悪い。それで、通常の土曜日に補講することにした。4コマ分ということは、1日ではこなせない(午後の授業は3コマしかない)ので、2日間に分けてやることにした。

で、どうせなら休講のあとではなく、できる分は前倒しで消化しておこうと、2コマ分の補講を今日に入れた。そのことを学生に告げたときには、「アルバイトがある」とか(スポーツ推薦クラスでは)「試合がある」とか言っていたのが何人かいたので、まあ、多少欠席が出るのも仕方ないか…と思いつつ、教室に行ってみると!

1コマめの18人の授業に来ていたのは僅かに2人。2コマめのスポーツ推薦クラス(44名)は、遅れてきた学生を含めても4人。

1コマめの授業は、みんなが揃っているということを前提にしないとやっていけないものだったので、開始から30分過ぎるまで待ち、それで半分以上の人数にならなかったらお流れということにした。で結局2人から増えることはなく、解散ということになった。来た学生たちは「もしかして、今日やらなかった分をまた補講するんですか?」と言っていたけど、今日できなかったのは僕の都合ではないのだからやらない、と返事した。

しかし、今考えてみると、学生が来なくて成立しなかった授業をまた補講するということにすれば、次は嫌でも学生は来るだろうから、「やる」と答えておいた方が良かったのか…?しかし、自分が学会に行くためとはいえ、既に土曜日の休みを2日潰すことになっているのに、それにまた上乗せするのは、正直に言って辛いので、まぁこれは仕方なかったのだろう。

2コマめのスポーツ推薦クラスは英語講読なので、来た連中には、普段の授業でやる程度のことをやらせればいいかと思い、読みかけだった話の終わりまでやって解散にした。

ただでさえ雨で外出する気が萎える日にわざわざ出勤したのに…と憾み節の一言でも吐いてみたくもなるが、逆に考えれば、授業をフルにやることによる疲労は避けられたので、まあプラマイゼロかな。


体調安定せず。 [健康]

この3月までの1年間、僕は病気療養のために半分“蟄居”状態にあった。もっとも、勤務先に行くのが半分になっただけで、それ以外の行動に制限がないせいか、むしろ海外に行ったりすることは増えて、11月から3月まで毎月海外に行くなどという暴挙も働いた。

4月からフル勤務に復帰し、ゴールデンウィークまではある意味助走なので、それが明けて2週間が経った。結論から言えば、体調は安定していない。授業こそ大過なくやってはいるが、休みの日になかなか動けない。身体全体に重苦しさがあり、知的活動を阻害する。ほとんど寝転がっていることしかできない。医者でそれを訴えたら、これまでのSSRIに加えて、別のSSRIと三環系の薬が新たに処方され、強力に気分を持ち上げるという措置になった。

これは確かに効いたが、恐らくは一気に薬を増やしすぎたせいで、体中の筋肉がむず痒く、じっとしていられない状況になった。その次の通院でそれを訴えたら“別のSSRI”の量を半分に減らすことになった。また、副作用の便秘が強く出たので、便秘薬ももらった。

そうしたら、確かに“効き過ぎ”感はなくなったものの、当然効き目は弱くなる。仕事がある日は大丈夫だが、休みの日は身体の芯の部分にだけ重苦しさが残るようになり、やはり知的活動に少なからぬ抑止感がある。この辺はさじ加減なんだなあ、と思いつつ、明後日の通院ではどう言おうか迷っている。

ついでながら、便秘薬の効き方もあまり感じのいいものではない。基本的には便秘だということは変わらず、単に薬が大腸の終わりの方に到達したときだけ突然効くという感じだ。だから毎回最後は下痢便。

ここまでの体調不安定のあおりで色々なものが犠牲になった。最初は4月8日のアルビレックス新潟vsヴァンフォーレ甲府@松本アルウィン。サポーター仲間とバスを借り切って行くはずだったのだが、当日キャンセルをしてしまった。

もっとひどい影響を受けたのはライブだ。4月16日新宿LOFTでのHB出演のイベント、4月29日下北沢Garageでの伊吹留香出演のイベント、続く30日AOYAMA「月見ル君想フ」での種ともこ、5月13日Puffyの日比谷野音(またPuffy…。半ば鬼門になってきた感じだ)、5月20日表参道Lapin et halo鳳山雅姫t…。これら全て、行く予定だったのに身体が持ち上がらなくて断念してしまったものだ。

皮肉なことに、こういう状態でも、仕事帰りとか他の用事で外出していたときのライブにはちゃんと行けている。4月6日吉祥寺Star Pine's Cafe鈴木朋出演イベント、15日下北沢Shelterでのbugy craxoneライブ、22日下北沢440でのSwinging Popsicle出演イベント、27日同じく下北沢440での我那覇美奈出演イベント、5月12日三軒茶屋Heaven's Doorスラハイ出演イベント…。次に行く予定のライブは、26日渋谷Lushでのeta出演イベントで、これは仕事帰りで開演時間に間に合わないのだが逆にそれが幸いして行けるはずだ。

結局のところ、薬を沢山飲んで綱渡りをしながら7月までをやり過ごさなければならないのか…?一日でも早く、寛解するときが訪れて欲しいものだ。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。