So-net無料ブログ作成
検索選択

帰国の準備 [生活]

3月24日に帰国の途につくことになり、その前の3月21日にはアパートを引き払うことになりました。これは引っ越し業者が土日は休みだからです。

アラスカ旅行は既に済ませて先週の木曜日に自宅に戻りました。楽しい旅だったので、もちろんそれについての記事も書きたいところですが、帰宅とともに引っ越しに向けた荷造りが始まってしまったので、ひょっとしたら帰国した後に書くことになるかも知れません。

あと10日間しかアパートにいられないのですが、少なくとも今週中は僕もまだ研究室に出てきて仕事をするので、もうあまり引っ越し準備のための残り時間はないです。でも、家財一切は僕らの後にこのアパートに住むことになる家族が引き継いでくれるということになったので、作業量は大きく減って、とても助かりました。

自家用車の売却は一応見積もりが出たのですが、何とこのタイミングで、自宅駐車場に止めている間に当て逃げをされて後部ドアに凹みができてしまいました。このまま修理せずに売ってしまうと1800ドルも買い取り額から引かれるということなので保険会社に言って修理の話を進めていますが、未だに修理の見積もりの日程が確定できていなくて、本当に間に合うの?と焦っています。買い取り業者としては、引き渡し後に僕たちの保険を使った修理をするので構わないということなのですが、保険会社が派遣する見積もり業者が自動車を見てその結果の見積書を郵送してくる、という手順のため、少なくとも今週中に見積もり業者が来るようにしてもらわないと…。(もちろん、保険会社には催促しています。)

帰国後の準備も始めています。自分のマンションを、不在の2年間だけ賃貸に出すということをしていて、住んでいる人がいつ退去するかで(契約期限は3月末でした)対応は大きく変わったのですが、ありがたいことに今月15日に退去することになったので、僕たちは帰国便で成田に降り立ったその晩(25日)はホテルに泊まるものの、その翌日からもう自宅に入ることができることになりました。

ということは、電話とか、インターネットとかはその時点で開通した方がいいよね、ということで、これについては、Skypeで国際電話をかけて、アメリカに来る前に利用していたケーブルテレビの会社に予約しました。ケーブルテレビ+インターネット+IP電話をまとめて契約です。電話はNTTの加入権も持っているのですが、IP電話の方が安いことと、手続きをする業者の数が少ない方がいいということで、ケーブルテレビの会社にまとめてしまうことにしました。

その他、アメリカに来るときに人に譲ってしまったTVを新たに買い直すとか、冷蔵庫も同様なので、そういうものを、僕らが住み始めるタイミングでマンションに着くように購入、という手配をこれからやります。このあたりは、インターネット通販が発達したことで、とても簡単になりましたね。

引っ越しと帰国の日程上、22~23日は流浪の民になります。その2日間でワシントンDCのスミソニアン博物館に行こうかという話になっていますが、まだ確定ではありません。いずれにしても、僕たちのアメリカ生活はいよいよ締めくくりが近づいています。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。